HOME 


2007-03-26 実践編:山うどの素焼き
実践編:山うどの素焼き 近所のスーパーで大きな山うどを158円で購入。豆野菜が高かったので、アスパラガスに変更。
素焼きではじめたけど、火の通りが不安だったのでオリーブオイルで炒めて、お醤油少々、胡椒をふりかけてみました。
焼いたのであく抜きは必要なかったようですが、皮をむいて輪切りにした後、軽く薄い塩水に通したほうがいいかも。
食感はサクサクしていて美味しいけど、おかずがこれだけだと物足りないです。

2007-03-26 これじゃ加入者が増える筈もない
景気が良かった遥か昔に節税対策にあれこれ加入した1つに国民年金基金があります。
この基金から『加入基金の住所範囲外に転出し基金の喪失対象者と思われるため』という手紙が届いた。
慌てて電話したら、県外に転出したときは三ヶ月以内に速やかに届け出る必要があるそうです。
転居元には、資格喪失届けを提出し、転出先に申請書を提出しなければならない。
まあ、いままで積み立てた掛け金は継続されるそうなのでいいのだけれど、『国民』と付けるなら、国内移動程度では煩わしい手続きはなくしてほしい。またすぐ引っ越すかもしれないのにぃ~。

2007-03-24 豆野菜と山うどの素焼き
きょう本屋で『天然生活』という雑誌を発見。
特集『はじめよう、オーガニックな暮らし』の中で紹介されている『豆野菜と山うどの素焼き』がとっても美味しそう。
絹さや、さやいんげん、山うどなどを油をひかずにフライパンで素焼きにしたもの。すりおろし生姜と醤油でいただくという素朴ながらも、ゆったりとした気分が味わえる一品と言えそう。
季刊誌『自休自足』と合わせて、愛読書になるかもしれません。
→ 『天然生活 2007年5月号』

2007-03-22 那須高原
菜園計画の一環として、昨日は那須高原を視察してました。
那須に遊びに行くと立ち寄るのがアキバアンティークジュウリー美術館。お目当てはここで販売している紅茶です。
紅茶の説明書によると、
『英国の紅茶研究家ウァーレンフォード氏が19世紀、ヨーロッパの上流社会の人々に好まれた味と薫り良質の茶葉を用いて、日本の気候、水質に合わせ当美術館のためにブレンドいたしました。』
と書いてある。
いつもアールグレイを購入するのですが、今回は『人気No.3』とメモ書きされていた、ウィンザーブレンドも一緒に購入。
ウィンザーブレンドはアッサムとセイロンのブレンドで、説明書通り、香りにはクセがない。飲んでみるとセイロンの比率が高く、甘みがあります。でもやっぱりアールグレイがお薦めです。

2007-03-10 植物に学ぶ?
ぶどうは元気な枝ほど自分の生命を託さない。
一方、弱々しい枝につく花は受精率がきわめて高い。
栄養もおこづかいもたっぷりで自身の生存に何の不安もない花は子孫を残す努力をまったくしない。
栄養不足で自分の生存すら危ういと花が思えば、一生懸命受精に励み種をつくる。
つまり、ぶどうを受精させるには、肥料切れにする、水をぎりぎりまで与えない、芽を欠いて成長を阻害するなどの工夫を施す。

また越冬する際に、枯れ込みという現象が起こる。
これは枝の一部を枯らして水分を蒸発させ、養分を含んだ樹液を濃縮して根元へと戻す。
枝が枯れる量に比例して残った枝の中の樹液の濃度が増す。
これにより凝固点降下が起こり、樹の中の水分が氷結膨張して細胞を破壊するのを防ぐ。
枯れる枝は先端から枝の根元まで全部枯れてしまうのに、生き残っている枝はまったく無傷で残る。

人間社会と対比させて考えると興味深い内容ですね。
所得格差が大きな問題になっていますが、ぶどうの世界では「結果の平等」や「痛み分けの理論」は通用しないようです。

Ref. 農!黄金のスモールビジネス 杉山経昌著

2007-03-07 家を建てよう
家を建てよう クライアントのJAPAN SHOP出展準備と初日対応で国際展示場に居ました。
初日のトラブルもなかったので、同時開催している建築・建材展を散策。そこで見つけたのが、『DOME HOUSE』。
どんな家かというと
□地震・火災に強い
ドーム形状による安定性と難熱特性と難熱加工されていて燃えない。
□地球環境にやさしい
特殊発泡ポリスチレンは、ノンフロン、ノンアルデヒド素材で、オゾン層を破壊することもなく、アトピーの心配もない。
□超軽量・超短期施工・超低価格
ピース組立てで、1枚の重量も80kg。作業が簡単で3〜4人で約7日間で施工可能だから、人件費を大幅にカットできる。
□積雪に強い・風に強い
圧縮力に強く、丸い形状で雪がほとんど積もらない。形状が流線型ドームのため、風をまともに受けない。
□圧倒的な断熱性能
壁厚20cmの高密度の壁で、冷暖房時の電気代を1/10以下に済ませられる。
□300年持つ驚異的耐久性!
錆びない、腐らない、白アリの被害もない。
といった感じです。他にも外観を独自にデザインする事が容易。増築もしやすいなどなど。とても興味を持ってしまいました。

→ Japan Dome House http://www.dome-house.jp

装飾壁(内外装用)の漆喰にはフランス壁も面白い。
漆喰(しっくい)とは石灰岩が原料で、太古から壁材や壁画材として利用されていたもの。
粉末とペースト状の2種類から購入が可能で、実際にペースト状のものを触ってみたら、モデリング・ペーストをちょっと硬めにした感じです。
この素材を自分の好きな色で着色することも可能。この壁にアクリル絵の具とかで好きな絵が描けてしまうのが魅力です。

→ 株式会社ニード http://www.senideco.jp

2007-02-26 明日からまた出張
明日から博多に3泊してきます。
今回は夜行寝台ではなく、佐久平から新幹線で長野、長野から特急(ワイドビュー)しなの号で篠ノ井線・中央本線経由で名古屋へ、そこから新幹線で博多です。最近、鉄道時刻表は必需品です。
帰りに時間があったら下呂温泉にでも浸かってきたい。

次の記事を表示




Copyright © 2010-2020 幻燈農場 All Rights Reserved®.