HOME 

2005-11-20 ACC CM年鑑2005
東京モノレール1本でいける汐留エリア、休日は人気の少ない地下のスタバで仕事してます。
電通が近いので本屋には広告関連の書籍があったりします。
世相を反映または意図的に創り出しているCMにはかなり関心があります。
CM年鑑2005を立ち読みしていたのですが、とても面白いです。でも高いです。14,175円します。
でも、どうしても欲しくて帰宅後 amazonで注文してしまいました。
ついでにFCC年鑑(2004年版)も買っちゃいました。こちらは1,800円。なんとなく安く感じてしまいます。

FCC年鑑2004年版FCC賞より
マツヤレディス*ラジオコマーシャル20秒*「想像」篇

男1:なー。何でサンタって男なんだろうな。
男2:そう言えば、そうだよな。
男1:女だったら、赤いブーツでー。
男2:うんうん。
男1:それで赤いミニスカートを履いてるー。
男2:履いてるー!
男1:おばあちゃんかー。
男2:やっぱ男で正解だな。
男1:そうだな。

(株)電通九州 佐藤大輔

所見:激安の殿堂 ドン.キホーテでサンタ衣装売ってました。しばし立ち止まって、どれがいいか選んでいる自分が怖い。

2005-11-03 PG-13
PG-13は、「13歳未満は保護者同伴が望ましい」という米映画の指定。
It's PG-13, you have to wear the bra.
出演する女優さんはブラを付けなくてはいけないらしい。へぇー、ほんとなの?
Ref.週刊ST(The Japan Times)

2005-11-02 BANANA MAN
彼の正式名称は The chocolate-coated banana man. 縁日の屋台でチョコバナナを売るのが彼の指名。
みなさんはご存知でしょうか。チョコバナナを1本買うと、banana man への挑戦権を獲得する事ができるのです。
そして、paper-scissors-stone で彼に勝つと、You get a second banana free.
私はこの日本の伝統芸能をきょう初めて知ることになったのです。これって日本人の常識なのでしょうか。

2005-09-20 梅ワインぬ~ぼぉ~
チョーヤから梅ワインヌーボーなる限定ワインが発売されたので買ってみました。
中途半端に癖があって軽い。これなら純粋な梅酒のほうが美味しい。
ちなみに梅酒ならサントリーの焙煎樽貯蔵梅酒がお薦め。樽のバニラの香りが漂って上品な仕上がりになっている。
でも2年程前にネットで限定発売されたものなので入手困難かも。

2005-09-18 君が想い出になる前に
山野楽器で Jacques Loussierの『Impressions on Chopin's Nocturnes』という珍しいCDを購入しました。
ジャック・ルーシェはプレイ・バッハなどのジャズ・ピアノで馴染みのある方もいるのでは・・・
私はプレイ・モーツァルトの中の40番が好きなのですが廃盤で入手できません。
購入したショパンはノクターン全曲を収録。私の好きな13番(Op.48,No.1)や戦場のピアニストで演奏されていた19番(Op.72,No.1)もいい感じです。
ついでに楽譜コーナーで『君が想い出になる前に』というタイトルの譜面が目に留まって、開いてみると好きな曲相だったので勢いで購入。
フジテレビ系ドラマで昨年の7月から3ヶ月放映された中で使用されたものらしい。
私はこの番組観てなかったのでDVDをレンタルしようかと考えたのだけど、ネットで調べたらあまり評判がよくありません。
そこで自己努力で情景を思い浮かべる事にしたのですが、出逢わないことには想い出にもならない。誰か私を救ってちょ~だい。

2005-09-15 ドレスデン国立美術館展[世界の鏡]
9月19日で終了なので慌てて観に行ってきました。平日だというのに混んでます。
私はコメントも読まずに実物のみをじっくり拝見するタイプなのだけど、それでも3時間は掛かりました。
凝り固まった脳の疲れが解れて行くようで気持ちいい。
ここに描かれている風景が僅か300年前に実在していたことを思うと、なんだか不思議な気分になる。
銅版画にしても実に細かい。コンピュータに頼ってしまっている自分がどんどん不器用になっていくようで怖い。

ちなみにその後、東京芸術大学で開催中のD/J Brand展も鑑賞。久しぶりに学食で休憩してしまった。

2005-07-25 ジャン・コクトー展
ジャン・コクトー展いま日本橋三越本店新館7階ギャラリーでジャン・コクトー展が開催されているので観に行ってきました。
コクトー展は出展点数が非常に多くて。900円は絶対安い。
私にとって彼の表現スタイルはなんか自然に受け入れられて心地よい。観るのに3時間は掛かりました。
ギャラリー内には休憩する椅子がなく、再入場もできないので体力が必要です。
たぶん美大生
『バカぼんのパパみたい』
『やめなさいよ。本人はいたってまじなんだから・・・』
なんかみんなリラックスしてます。
添付した写真は例外的なもので、展示内容はとてもよいです。
図録は2000円、図録というと展示会によってはお気に入りの作品が掲載されてなかったりして、がっかりする事もありますが、コクトー展の図録はほとんどの作品がちゃんと収録されてます。なにより観ていて楽しい。この図録少なくとも2万円の価値はありそう。
しかもこれを買うと次回展示の『葉加瀬太郎展』の招待券が2枚もらえる。この入場料は800円だから、なんとも嬉しい特典です。

次の記事を表示






クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示—非営利—改変禁止(4.0ライセンス)
Copyright © 2005-2020 Mayuko Kakizaki All Rights Reserved®.