HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2022-09-27 (Tue) Today's Access : 31 Total : 524798. Since 10 Sep. 2019

ラズパイで作る自宅WEBサーバ構築
第2回 Ubuntu Server インストール 2019.10.20

ubuntu-18.04 server のインストールを行います。
YouTube 動画でポイントを説明しています。上記画像をクリックすると再生できます。

まずは、ubuntu server イメージファイルをダウンロードします。

◇ ubuntu 18.04.3 server
https://ubuntu.com/download/iot/raspberry-pi-2-3
画面を下にスクロールすると、「Installation instructions」という項目があり、Download Ubuntu Server から [Ubuntu Server image for Raspberry Pi 3]をダウンロード。
→ ubuntu-18.04.3-preinstalled-server-arm64+raspi3.img.xz
※このイメージファイルはシステム修復の際に必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

◇ 7-Zip 高圧縮率のファイルアーカイバ(圧縮・展開/圧縮・解凍ソフト)
xz形式のファイルを解凍するソフトがインストール済みであれば必要ありません。
https://sevenzip.osdn.jp/
所有するパソコンに適したファイルをダウンロード
Windows 32ビット x86 → 7z1900.exe
Windows 64ビット x64 → 7z1900-x64.exe
インストールを実行してください。

ubuntu server のイメージファイルを解凍してください。
ubuntu-18.04.2-preinstalled-server-arm64+raspi3.img.xz
↓
ubuntu-18.04.2-preinstalled-server-arm64+raspi3.img
◇ SDFormatter 5.0.1
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter/
(Windows 7,8,8.1,10に対応)

Raspberry Pi の本体システムとして使えるのはFAT32フォーマットシステムだけなので、必然的にFAT32形式で使える最大容量は microSDHC 32GBになります。
なお、容量8GBや16GBのものではなく、32GBのSDカードの使用をお奨めします。

microSDカードをパソコンにセットし、FAT32でフォーマットします。
※ubuntu をインストールしたSDカードを再使用する場合は、クイックフォーマットではなく、上書きフォーマットを行ったほうが無難です。

◇ Win32 Disk Imager
https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/
→ win32diskimager-1.0.0-install.exe
インストールを実行してください。
解凍した ubuntu server イメージファイルを microSDカードに書き込んでください。
※Win32 Disk Imager の使い方は検索するとすぐ見つかります。

ラズパイに冷却ファンを取り付けている場合など、ラズパイ本体にSPI接続で被せるタイプのモニターは使えません。 ドライバ・インストール不要でHDMIケーブルで接続する 3.5inch HDMIモニターがお奨めです。

下記のような小型モニタはモバイルバッテリーからの電源供給でも問題なく稼働します。
Kuman 3.5インチ HDMI 小型モニター 480*320 ラズベリーパイ3b タッチスクリーン ディスプレイ ビデオ/ゲーム可能 保護ケースセット raspberry pi 3 b+ 2 Model B A+ A に対応 ラズベリー パイ SC6AC

3.5inch モニターは解像度480x320程度ですので、そのままではインストールの際に文字が潰れて判読できません。
インストールの前にubuntu の解像度をさげる設定を行います。
SDカードにUbuntu Serverのイメージを焼き付けた後に、エクスプローラーなどでドライブを確認すると、 USBドライブとsystem-bootドライブといった2つのドライブが追加されていることがわかります。
system-boot ドライブを開いて、config.txt に下記を追記します。
framebuffer_width=480
framebuffer_height=320
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_cvt=480 320 60 1 0 0 0

[解説]
framebuffer_width	フレームバッファの横幅
framebuffer_height	フレームバッファの高さ
hdmi_group	1=CEA、2=DMT
hdmi_mode	HDMIの動作モード(1~86は予約済み)
hdmi_cvt
  width	横幅
  height	高さ
  framerate	フレームレート
  aspect	アスペクト比(1=4:3、2=14:9、3=16:9、4=5:4、5=16:10、6=15:9)
  margins	0=マージン無効、1=マージン有効
  interlace	0=プログレッシブ、1=インタレース
  rb	0=通常、1=ブランク削除

※ubuntu をインストール後に設定変更を行う場合は、
$ sudo vi /boot/firmware/config.txt
になります。
Ubuntu Server のインストール

microSDカードを Raspberry PI のスロットに挿してください。
HDMIケーブルを Raspberry PI とモニターに接続してください。
Raspberry PI のUSBスロットにキーボードを挿してください。
Raspberry PI に電源アダプタを接続します。

ブルートゥース・キーボードは避けたほうが無難です。写真のものはワイヤレスキーボードです。USBレシーバをラズパイに挿して使用しました。
初期パスワードでログインします。
ubuntu login: ubuntu password:ubuntu (current) UNIX password:ubuntu パスワード変更を求められますので、ubuntu のパスワードを変更します。 Enter new UNIX password:******** Retype new UNIX password:********

◇Ubuntuでキーボードレイアウト変更

$ sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

「Generic 105-key (Intl) PC」を選択(※自分のキーボードレイアウトを選択)
「Japanese」を選択
「Japanese」を選択
「The default for the keyboard layout」を選択
「No compose key」を選択で終了。

◇Ubuntuでキーボード設定ファイル修正

: はファイル保存時、[] はネットワーク設定ファイル修正に必要なキーです。
コンソールからキーボードを叩いてみて、正しく表示されるか確認してください。 私のキーボードでは正常に対応しておらず、
:[Shift] +
[@
] [
に対応していました。
ラズパイにキーボードを付けて設定するのは、この初期設定だけなので、気にしてはいけません。 初期設定以降はパソコンからSSHクライアントを利用して作業を進めるので、文字化けの心配はありません。

$ vi /etc/default/keyboard

XKBLAYOUT="us" → XKBLAYOUT="jp"

◇ネットワーク設定(Ubuntu18.04)


BUFFALO WSR-2533DHP2 仕様

まずは、使用するブロードバンドルータで割振り可能なローカルIPアドレスを確認しておきます。

$ sudo vi /etc/netplan/50-cloud-init.yaml
network:
    version: 2
    ethernets:
        eth0:
            dhcp4: no
            dhcp6: no
            match:
                macaddress: xx:xx:xx:xx:xx:xx
            set-name: eth0
            addresses: [192.168.11.21/24]
            gateway4: 192.168.11.1
            nameservers:
                    addresses: [192.168.11.21,192.168.11.1]
            optional: true
Ubuntu18.04 Desktopでは renderer にNetwork-Managerを使用し、UbuntuServerやRaspberryPi 3用のUbuntu18.04(UbuntuCore)では netplan で設定します。デフォルト値を変更したい場合は、renderer を明記します。
上記は、ラズパイのローカルIPアドレスを 192.168.11.21、ブロードバンドルータを 192.168.11.1 にした場合の設定です。
macaddress: はラズパイ固有の値で変更の必要はありません。
ローカルネットワーク側にラズパイを配置して、ポートマッピング機能により、グローバルIPアドレスへのリクエストをローカルIPアドレスに振り分けているので、この記載にグローバルIPアドレスは現れません。
ラズパイをDNSサーバとして使用しないのであれば、nameservers: の 192.168.11.21 は必要ありません。
optionalは、networkdのみがサポートしています。通常networkdはシステム起動時、デバイスが正しく起動し、設定されるまで一定時間待機します。しかしこのoptinalキーをtrueに設定したデバイスは、起動時にnetworkdが待たずにすぐに起動することができるようになります。
yamlファイルは、TABでなくSPACE(基本は空白2文字)でインデントする必要があります。

設定の反映
$ sudo netplan apply (あるいは $ ip link set eth0 up )

ipアドレスの確認
$ ip a (あるいは $ ifconfig )
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN...
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500...
    link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.11.21/24 brd 192.168.11.255 scope global eth0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 xxxx::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN group...
    link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

◇ネットワーク接続確認 ping
PING youtube.com (172.217.161.46) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt12s23.net (172.217.161.46): icmp_seq=1 ttl=55 time=13.3 ms
64 bytes from nrt12s23.net (172.217.161.46): icmp_seq=2 ttl=55 time=9.87 ms
64 bytes from nrt12s23.net (172.217.161.46): icmp_seq=3 ttl=55 time=8.03 ms
^C
--- youtube.com ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 2263ms
rtt min/avg/max/mdev = 8.032/10.427/13.376/2.218 ms

◇sysctlでIPv6の無効化設定

$ cat <<'EOF' | sudo tee -a /etc/sysctl.d/70-disable-ipv6.conf
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
EOF

設定反映
$ sudo sysctl --system

$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN...
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel...
    link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.11.21/24 brd 192.168.11.255 scope global eth0
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN group...
    link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
これだけでは再起動した際に反映されない場合があるので、OS起動後にsysctl設定を再適用するスタートアップスクリプトを作成します。
cat <<'EOF' | sudo tee -a /etc/rc.local
#!/bin/bash
# /etc/rc.local

# Load kernel variables from /etc/sysctl.d
/etc/init.d/procps restart

exit 0
EOF
実行権限を付与します
$ sudo chmod 755 /etc/rc.local
これで再起動して、IPv6アドレスがなければ大丈夫です。

◇SSH接続設定

パッケージの有無を確認します。
$ dpkg --get-selections | grep openssh
openssh-client                                  install
openssh-server                                  install
openssh-sftp-server                             install
利用できるパッケージのバージョンの確認します。
$ apt-cache show openssh-server | more
Package: openssh-server
Architecture: arm64
Version: 1:7.6p1-4ubuntu0.3
ubuntu 18.04.3 では標準でSSHをサポートしているので、特別な設定はありません。

ラズパイをシャットダウンします。
$ sudo shutdown now

これでラズパイで直接行う設定は終了です。
キーボード、HDMIケーブルを外します。LANケーブルでブロードバンドルータと接続します。
次回は ubuntu server の詳細設定を行います。

◇その他

dpkg-reconfigureコマンドをサポートしているパッケージを調べる
$ ls /var/lib/dpkg/info/*.config
/var/lib/dpkg/info/adduser.config
/var/lib/dpkg/info/apparmor.config
/var/lib/dpkg/info/byobu.config
/var/lib/dpkg/info/ca-certificates.config
/var/lib/dpkg/info/cloud-init.config
/var/lib/dpkg/info/console-setup.config
/var/lib/dpkg/info/dash.config
/var/lib/dpkg/info/debconf.config
/var/lib/dpkg/info/flash-kernel.config
/var/lib/dpkg/info/irqbalance.config
/var/lib/dpkg/info/keyboard-configuration.config
/var/lib/dpkg/info/landscape-common.config
/var/lib/dpkg/info/locales.config
/var/lib/dpkg/info/man-db.config
/var/lib/dpkg/info/mdadm.config
/var/lib/dpkg/info/openssh-server.config
/var/lib/dpkg/info/popularity-contest.config
/var/lib/dpkg/info/tzdata.config
/var/lib/dpkg/info/ufw.config
/var/lib/dpkg/info/unattended-upgrades.config
dpkg-reconfigure で下記のエラーが発生した場合
dpkg: エラー: dpkg frontend が別のプロセスによってロックされています

$ sudo rm /var/lib/dpkg/lock
$ sudo dpkg --configure -a
インターフェイス名を調べる
$ ls /sys/class/net
eth0  lo  wlan0
 Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。
2019.10.15 第1回 前準備
2019.10.20 第2回 Ubuntu Server インストール
2019.10.27 第3回 Ubuntu Server 詳細設定
2019.10.28 番外編 無線LAN接続設定
2019.11.02 第4回 Apache WEBサーバ設定
2019.11.05 第5回 PHP 設定
2019.11.10 第6回 MySQL 設定
2019.11.11 第7回 DNS (bind) 設定
2019.11.16 第8回 メールサーバ(Postfix)設定・前編
2019.11.21 第9回 メールサーバ(Postfix)設定・後編
2019.11.24 第10回 ファイアウォール(iptables) 設定
2019.11.25 第11回 crontab 設定
2019.12.01 第12回 運用準備
2019.12.03 第13回 Windowsパソコンに開発環境を作る
2019.12.05 第14回 WEBサーバー公開
2019.12.10 第15回 動的サイト制作
2019.12.11 第16回 簡単なアクセスカウンターを作る
2020.03.04 TTGO-Camera による定点観測・WEB公開
2021.03.15 第17回 サーバ・リプレイス
2021.03.27 第18回 システム移行
2022.09.12 第19回 InnoDBトラブル


Interface 2022年11月号
第1部 仮想ルータ作りで学ぶネットワークの基本
第2部 ラズパイで実運用も可!アプリケーション・ルータの開発
第3部 実験で学ぶ!インターネット・セキュリティ「TLS」


日経Linux 2022年8月号
【特集1】2027年まで使える安心の長期サポート版がリリース! Ubuntu 22.04 LTS完全解説
【特集2】最新版「Ubuntu Server22.04 LTS」で解説! 初心者とエンジニア1年生のためのステップ式サーバー構築入門
【特集3】メモリー2GBでも快適動作! Ubuntuをラズパイでフル活用
【特集4】UbuntuとChrome OS Flexに対応! Windowsアプリを動かす方法
【特集5】Linuxで旧型PCを復活! 12年落ちのフルHD大型ノートPC個性的な見た目のArch系Linuxで復活

トランジスタ技術 2022年10月号
★特集◎電気特性,駆動回路から構造,減速機まで

ラズパイマガジン2022年秋号
特集:5大人気ボード 電子工作超入門
「半導体不足で在庫が不足し、電子工作のボードがなかなか買えない…」。そんな今にふさわしい特集を企画しました。5種の人気ボードにすべて対応した電子工作の入門特集です。「GPIO」や「I2C」を使った電子パーツの制御方法は、どのボードでも同じです。手に入れられたボードを使って、今こそ電子工作を始めましょう。

地方で稼ぐ! ITエンジニアのすすめ
学歴、理系の知識、専門スキル……全部なくてもITエンジニアになれる! 地方でも高収入でやりがいをもって働ける!ITエンジニアの魅力を一挙大公開

ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書
生活にとけこみ、家電機器を便利にするIoT技術。 Webカメラなど、便利の裏側に潜むセキュリティの危険性をハッキングで検証。 専門家がパケットキャプチャからハードウェアハッキングまで、その攻撃と防御を徹底解説。 本書は2018年7月に刊行された「ハッカーの学校IoTハッキングの教科書」に一部修正を加えた第2版です。

攻撃手法を学んで防御せよ! 押さえておくべきIoTハッキング
本書は、経済産業省から2021年4月にリリースされた、IoTセキュリティを対象とした『機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き』の『別冊2 機器メーカに向けた脅威分析及びセキュリティ検証の解説書』をもとに、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説しました。

ポチらせる文章術
販売サイト・ネット広告・メルマガ・ブログ・ホームページ・SNS… 全WEB媒体で効果バツグン! カリスマコピーライターが教える「見てもらう」「買ってもらう」「共感してもらう」すべてに効くネット文章術

プログラマーは世界をどう見ているのか 西村博之著
イーロン・マスク(テスラ)、ジェフ・べゾス(Amazon)、ラリー・ペイジ(Google)…etc. 世界のトップはなぜプログラマーなのか?

Arduino Nano 33 IoT


サンハヤト モジュール MM-TXS01


ニーア オートマタ PLAY ARTS改 <ヨルハ 二号 B型 DX版> PVC製 塗装済み可動フィギュア
「NieR:Automata」より、ヨルハ二号B型こと2BがPLAY ARTS改に新たに登場! 高級感の感じられるコスチュームや髪の質感、洗練されたボディバランス、細かなデティールに至るまでこだわり抜かれた逸品。 DX版には通常版のラインナップに加え2Bの随行支援ユニット ポッド042などをはじめ“純白の美しい太刀"白の約定やエフェクトパーツ、自爆モードを再現できる換装用ボディパーツ、シーンに合わせて変えられる顔パーツ2種も付属する豪華な仕様に。 作中のあらゆるシーンを再現することが可能なファン必見の一品となっている。

DIPスイッチで動作電圧を3.3Vと5Vに切り替えられるUNO互換ボード
KEYESTUDIO Plus Board for Arduino UNO R3 with Type-C USB Cable, 3.3V 5V 1.5A Output Current, More Powerful Controller Board USB-シリアルチップ:CP2102 / 動作電圧:5Vまたは3.3V(DIPスイッチ制御)/ 外部電源:DC 6-15V(9V推奨)/ デジタルI / Oピン:14(D0〜D13)/ PWMチャネル:6(D3 D5 D6 D9 D10 D11)/ アナログ入力チャネル(ADC):8(A0-A7)/ DC出力機能の各I / Oポート:20 mA / 3.3Vポートの出力能力:50 mA / フラッシュメモリ:32 KB(うち0.5 KBはブートローダーによって使用されます)/ SRAM:2 KB(ATMEGA328P-AU)/ EEPROM:1 KB(ATMEGA328P-AU)/ クロック速度:16MHz / オンボードLEDピン:D13

Newtonライト2.0 ベイズ統計
ベイズ統計は,結果から原因を推定する統計学です。AIや医療などの幅広い分野で応用されています。その基礎となるのは18世紀に考えだされた「ベイズの定理」です。 この本では,ベイズ統計学のきほんをやさしく紹介していきます。

白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御はんだ吸取器 ハンディタイプ FR301-81


サンハヤト TTW-203 テストワイヤ
ブレッドボードとスルーホール間の接続に便利なワイヤですブレッドボード用のオスピンと基板のスルーホール用のバネ性のある端子を組み合わせたテストワイヤです

無水エタノールP 500mlx2個パック(掃除)


ケイバ(KEIBA) マイクロニッパー MN-A04


熱収縮チューブφ1.5
印字無しで綺麗☆ シュリンクチューブ 絶縁チューブ 防水 高難燃性 収縮チューブ (2m, ブラック(黒))


サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード


白光(HAKKO) HEXSOL 巻はんだ 精密プリント基板用 150g FS402-02


【Amazon.co.jp限定】エーモン 電工ペンチ 全長約255mm (1452)


[Amazon限定ブランド]【指定第2類医薬品】PHARMA CHOICE 解熱鎮痛薬 解熱鎮痛錠IP 100錠


Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.