HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2022-09-27 (Tue) Today's Access : 30 Total : 524797. Since 10 Sep. 2019

ラズパイで作る自宅WEBサーバ構築
第12回 運用準備 2019.12.01 / 2021.03.23更新

YouTube 動画でポイントを説明しています。上記画像をクリックすると再生できます。

前回までに、一通りWEBサーバーの設定は行ったので、今回は運用準備とシステムバックアップについてです。
SDカードは書込み回数上限に達すると使えなくなります。公開WEBサーバーではアクセスログなどのファイル更新であっという間に書き込み上限に達してしまいます。

カーネルのある基本領域は読込み専用で更新はないので、そのまま利用し、ブート後に制御が移される拡張領域をUSB接続の外付けハードディスクに複写して運用します。
システム設定更新時にはラズパイ本体SDカードの拡張領域に上書き複写することで二重化します。
詳しい説明は第2回動画 https://youtu.be/LOz4hQYqfag を参照してください。
WEBサーバー運用時のコンテンツはローカル接続しているパソコン側あるいはNAS上に保管することにします。

microSDカードの複製

運用中のmicroSDカード破損に備え、複製を作成しておきます。
Raspberry Pi のUSBスロットに、新しいmicroSDを装着したUSBアダプタを挿します。
$ sudo dd if=/dev/mmcblk0 of=/dev/sda bs=64K conv=noerror,sync status=progress

外付けハードディスクの設定

ubuntu を起動した後に、ポータブル・ハードディスクをUSBスロットに接続します。
今回は120GBのHDDを接続した場合で、説明します。
$ sudo fdisk -l
Disk /dev/mmcblk0: 29.7 GiB, 31914983424 bytes, 62333952 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x85baa6c1

Device         Boot  Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/mmcblk0p1 *      2048   526335   524288  256M  c W95 FAT32 (LBA)
/dev/mmcblk0p2      526336 62333918 61807583 29.5G 83 Linux


Disk /dev/sda: 111.8 GiB, 120034123776 bytes, 234441648 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x04bad2b4

Device     Boot Start       End   Sectors   Size Id Type
/dev/sda1        2048 234436544 234434497 111.8G  7 HPFS/NTFS/exFAT
パーティションの作成(GPT対応のパーティションを作成)

パーティションの管理方式には GPT(GUID Partition Table)を使用します。

$ sudo parted /dev/sda
GNU Parted 3.2
Using /dev/sda
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.

(parted) p
Model: KESU USB 3.0 (scsi)
Disk /dev/sda: 120GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos ← パーティション管理方式MBR
Disk Flags:

Number Start End Size Type File system Flags
1 1049kB 120GB 120GB primary

※パーティションテーブルが未設定の場合、エラーメッセージが表示されます。
Error: /dev/xvdc: unrecognised disk label
次の、mklabel を実行することにより解決します。

(parted) mklabel gpt ←GPTに変更
Warning: The existing disk label on /dev/sda will be destroyed and all data on this disk will be lost. Do
you want to continue?
Yes/No? y
(parted) p
Model: USB 3.0 (scsi)
Disk /dev/sda: 120GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt ← パーティション管理方式GPT
Disk Flags:

Number Start End Size File system Name Flags

(parted) mkpart "Linux filesystem" 0% 100%
(parted) p
Model: USB 3.0 (scsi)
Disk /dev/sda: 120GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt
Disk Flags:

Number Start End Size File system Name Flags
1 1049kB 120GB 120GB Linux filesystem

(parted) quit
Information: You may need to update /etc/fstab.

パーティションを確認します
$ sudo fdisk -l
Disk /dev/mmcblk0: 29.7 GiB, 31914983424 bytes, 62333952 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x85baa6c1

Device         Boot  Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/mmcblk0p1 *      2048   526335   524288  256M  c W95 FAT32 (LBA)
/dev/mmcblk0p2      526336 62333918 61807583 29.5G 83 Linux


Disk /dev/sda: 111.8 GiB, 120034123776 bytes, 234441648 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: 9950E274-D75A-47D0-9456

Device     Start       End   Sectors   Size Type
/dev/sda1   2048 234440703 234438656 111.8G Linux filesystem
パーティションのフォーマット
$ sudo mkfs.ext4 /dev/sda1
mke2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
/dev/sda1 contains a exfat file system
Proceed anyway? (y,N) y
Creating filesystem with 29304832 4k blocks and 7331840 inodes
Filesystem UUID: 3d962f89-f4cb-4160-b70e
Superblock backups stored on blocks:
    32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
    4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872

Allocating group tables: done
Writing inode tables: done
Creating journal (131072 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done
cmdline.txt と fstabの修正

UUID,PARTUUIDを調べます
$ sudo blkid (あるいは $ ls -l /dev/disk/by-partuuid/)
/dev/mmcblk0p1: LABEL="system-boot" UUID="4245-236F" TYPE="vfat" PARTUUID="85baa6c1-01"
/dev/mmcblk0p2: LABEL="writable" UUID="cb9fa157-6a4b-425b-aa26" TYPE="ext4" PARTUUID="85baa6c1-02"
/dev/sda1: UUID="3d962f89-f4cb-4160-b70e" TYPE="ext4" PARTLABEL="Linux filesystem" PARTUUID="0d27d6de-7320-4c6c-80b1"
/dev/mmcblk0: PTUUID="85baa6c1" PTTYPE="dos"

ラベルを確認します
$ sudo e2label /dev/sda1
       ←ラベルが付いてないので、空行が表示されます

ラベルを付加します
$ sudo e2label /dev/sda1 writable-hdd
$ sudo e2label /dev/sda1
writable-hdd

拡張領域をラズパイ本体のSDカードからUSB接続のHDDに切り替えます。
$ sudo vi /boot/firmware/cmdline.txt
root=/dev/mmcblk0p2
  ↓変更
root=/dev/sda1
基本領域は本体のSDカードのままで、拡張領域のラベルをHDD側に変更します。
$ sudo vi /etc/fstab
LABEL=writable  /        ext4   defaults        0 0
LABEL=system-boot       /boot/firmware  vfat    defaults        0       1
 ↓変更
LABEL=writable-hdd  /        ext4   defaults        0 0
LABEL=system-boot       /boot/firmware  vfat    defaults        0       1
システムの複製

ラズパイ本体のSDカードから 拡張領域をHDDに複製します。
$ sudo mkdir -p /mnt/target
$ sudo mount /dev/sda1 /mnt/target/
$ sudo rsync -aAX --delete --exclude={"/boot/*","/dev/*","/proc/*","/sys/*","/tmp/*","/run/*",
"/mnt/*","/media/*","/lost+found"} / /mnt/target

--exclude オプションは指定したパターンにマッチするファイルを除外します。
/dev, /proc, /sys, /tmp, /run は起動時に作成されるものなので除外しています。
/lost+found はファイルシステムが作成します。
除外パターンをクォートで囲っているのはシェルによって展開されないようにするためで、特に SSH を使ってバックアップする場合は必須です。
除外パターンの末尾に付いている * はディレクトリが存在しなかった場合に確実に作成するよう指示します

マウントを解除して、システムを再起動します。
$ sudo umount /mnt/target
$ sudo reboot
公開サーバー運用方針

ここでは、運用方法の1例を紹介します。
システム設定を更新した際にはラズパイ本体に挿してあるSDカード内の拡張領域へ同期複写を行います。
crontab による毎日のデータベース・バックアップファイルは開発環境側パソコンあるいはNASにバックアップします。
開発環境側でWEBコンテンツを制作してサーバーにアップしている場合は、コンテンツのバックアップは必要ないでしょう。

$ sudo mkdir -p /mnt/target
$ sudo mount /dev/mmcblk0p2 /mnt/target/
$ sudo rsync -aAX --delete --exclude={"/boot","/dev/*","/proc/*","/sys/*","/tmp/*","/run/*","/mnt/*",
"/media/*","/lost+found"} / /mnt/target
$ sudo umount /mnt/target

待機サーバの準備

WEBサーバの故障に備え、もう1台サーバを準備しておきます。
WEBサーバが反応しなくなった場合、待機サーバのデータを更新して運用サーバとして利用します。 サーバーの複製に関しては、 第18回 システム移行 を参照してください。
今回のシステムでは無停電電源装置を使用していますので、瞬間停電によりストレージへの書込み中に電源断になることはありません。

 Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。
2019.10.15 第1回 前準備
2019.10.20 第2回 Ubuntu Server インストール
2019.10.27 第3回 Ubuntu Server 詳細設定
2019.10.28 番外編 無線LAN接続設定
2019.11.02 第4回 Apache WEBサーバ設定
2019.11.05 第5回 PHP 設定
2019.11.10 第6回 MySQL 設定
2019.11.11 第7回 DNS (bind) 設定
2019.11.16 第8回 メールサーバ(Postfix)設定・前編
2019.11.21 第9回 メールサーバ(Postfix)設定・後編
2019.11.24 第10回 ファイアウォール(iptables) 設定
2019.11.25 第11回 crontab 設定
2019.12.01 第12回 運用準備
2019.12.03 第13回 Windowsパソコンに開発環境を作る
2019.12.05 第14回 WEBサーバー公開
2019.12.10 第15回 動的サイト制作
2019.12.11 第16回 簡単なアクセスカウンターを作る
2020.03.04 TTGO-Camera による定点観測・WEB公開
2021.03.15 第17回 サーバ・リプレイス
2021.03.27 第18回 システム移行
2022.09.12 第19回 InnoDBトラブル


Interface 2022年11月号
第1部 仮想ルータ作りで学ぶネットワークの基本
第2部 ラズパイで実運用も可!アプリケーション・ルータの開発
第3部 実験で学ぶ!インターネット・セキュリティ「TLS」


日経Linux 2022年8月号
【特集1】2027年まで使える安心の長期サポート版がリリース! Ubuntu 22.04 LTS完全解説
【特集2】最新版「Ubuntu Server22.04 LTS」で解説! 初心者とエンジニア1年生のためのステップ式サーバー構築入門
【特集3】メモリー2GBでも快適動作! Ubuntuをラズパイでフル活用
【特集4】UbuntuとChrome OS Flexに対応! Windowsアプリを動かす方法
【特集5】Linuxで旧型PCを復活! 12年落ちのフルHD大型ノートPC個性的な見た目のArch系Linuxで復活

トランジスタ技術 2022年10月号
★特集◎電気特性,駆動回路から構造,減速機まで

ラズパイマガジン2022年秋号
特集:5大人気ボード 電子工作超入門
「半導体不足で在庫が不足し、電子工作のボードがなかなか買えない…」。そんな今にふさわしい特集を企画しました。5種の人気ボードにすべて対応した電子工作の入門特集です。「GPIO」や「I2C」を使った電子パーツの制御方法は、どのボードでも同じです。手に入れられたボードを使って、今こそ電子工作を始めましょう。

地方で稼ぐ! ITエンジニアのすすめ
学歴、理系の知識、専門スキル……全部なくてもITエンジニアになれる! 地方でも高収入でやりがいをもって働ける!ITエンジニアの魅力を一挙大公開

ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書
生活にとけこみ、家電機器を便利にするIoT技術。 Webカメラなど、便利の裏側に潜むセキュリティの危険性をハッキングで検証。 専門家がパケットキャプチャからハードウェアハッキングまで、その攻撃と防御を徹底解説。 本書は2018年7月に刊行された「ハッカーの学校IoTハッキングの教科書」に一部修正を加えた第2版です。

攻撃手法を学んで防御せよ! 押さえておくべきIoTハッキング
本書は、経済産業省から2021年4月にリリースされた、IoTセキュリティを対象とした『機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き』の『別冊2 機器メーカに向けた脅威分析及びセキュリティ検証の解説書』をもとに、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説しました。

ポチらせる文章術
販売サイト・ネット広告・メルマガ・ブログ・ホームページ・SNS… 全WEB媒体で効果バツグン! カリスマコピーライターが教える「見てもらう」「買ってもらう」「共感してもらう」すべてに効くネット文章術

プログラマーは世界をどう見ているのか 西村博之著
イーロン・マスク(テスラ)、ジェフ・べゾス(Amazon)、ラリー・ペイジ(Google)…etc. 世界のトップはなぜプログラマーなのか?

Arduino Nano 33 IoT


サンハヤト モジュール MM-TXS01


ニーア オートマタ PLAY ARTS改 <ヨルハ 二号 B型 DX版> PVC製 塗装済み可動フィギュア
「NieR:Automata」より、ヨルハ二号B型こと2BがPLAY ARTS改に新たに登場! 高級感の感じられるコスチュームや髪の質感、洗練されたボディバランス、細かなデティールに至るまでこだわり抜かれた逸品。 DX版には通常版のラインナップに加え2Bの随行支援ユニット ポッド042などをはじめ“純白の美しい太刀"白の約定やエフェクトパーツ、自爆モードを再現できる換装用ボディパーツ、シーンに合わせて変えられる顔パーツ2種も付属する豪華な仕様に。 作中のあらゆるシーンを再現することが可能なファン必見の一品となっている。

DIPスイッチで動作電圧を3.3Vと5Vに切り替えられるUNO互換ボード
KEYESTUDIO Plus Board for Arduino UNO R3 with Type-C USB Cable, 3.3V 5V 1.5A Output Current, More Powerful Controller Board USB-シリアルチップ:CP2102 / 動作電圧:5Vまたは3.3V(DIPスイッチ制御)/ 外部電源:DC 6-15V(9V推奨)/ デジタルI / Oピン:14(D0〜D13)/ PWMチャネル:6(D3 D5 D6 D9 D10 D11)/ アナログ入力チャネル(ADC):8(A0-A7)/ DC出力機能の各I / Oポート:20 mA / 3.3Vポートの出力能力:50 mA / フラッシュメモリ:32 KB(うち0.5 KBはブートローダーによって使用されます)/ SRAM:2 KB(ATMEGA328P-AU)/ EEPROM:1 KB(ATMEGA328P-AU)/ クロック速度:16MHz / オンボードLEDピン:D13

Newtonライト2.0 ベイズ統計
ベイズ統計は,結果から原因を推定する統計学です。AIや医療などの幅広い分野で応用されています。その基礎となるのは18世紀に考えだされた「ベイズの定理」です。 この本では,ベイズ統計学のきほんをやさしく紹介していきます。

白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御はんだ吸取器 ハンディタイプ FR301-81


サンハヤト TTW-203 テストワイヤ
ブレッドボードとスルーホール間の接続に便利なワイヤですブレッドボード用のオスピンと基板のスルーホール用のバネ性のある端子を組み合わせたテストワイヤです

無水エタノールP 500mlx2個パック(掃除)


ケイバ(KEIBA) マイクロニッパー MN-A04


熱収縮チューブφ1.5
印字無しで綺麗☆ シュリンクチューブ 絶縁チューブ 防水 高難燃性 収縮チューブ (2m, ブラック(黒))


サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード


白光(HAKKO) HEXSOL 巻はんだ 精密プリント基板用 150g FS402-02


【Amazon.co.jp限定】エーモン 電工ペンチ 全長約255mm (1452)


[Amazon限定ブランド]【指定第2類医薬品】PHARMA CHOICE 解熱鎮痛薬 解熱鎮痛錠IP 100錠


Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.