HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2021-09-19 (Sun) Today's Access : 172 Total : 354166. Since 10 Sep. 2019

ラズパイで作る自宅WEBサーバ構築
第3回 Ubuntu Server 詳細設定 2019.10.27

ubuntu-18.04 server の詳細設定を行います。
YouTube 動画でポイントを説明しています。上記画像をクリックすると再生できます。



Ubuntu サーバの詳細設定は WindowsパソコンからSSHクライアントを使って行います。
ブロードバンドルータ:192.168.11.1
ラズパイ:192.168.11.21
Windowsパソコン:192.168.11.20
として説明します。
パソコンにローカルIPアドレスを設定せず、ルータへのDHCP接続で、ラズパイにアクセスすることも可能ですが、 WEBサーバー公開時には、パソコンを開発環境として使用するので、固定ローカルIP設定を行っています。
Windows10の場合:右クリック →[ネットワーク接続]→[アダプターのオプションを変更する]→[Wi-Fi]右クリック→[ショートカットの作成]
これでディスクトップに[Wi-Fi]のショートカットが作成されます。
ショートカットをクリック→[プロパティ]→[インターネットプロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)]→[プロパティ]で設定を行います。

※メールサーバの設定で、パソコンにLAN側固定IPアドレスを割り振らないと、メール送信できないように設定しています →メールサーバ(Postfix/Dovecot)設定・前編 参照

WindowsパソコンのIP構成を確認します。コマンドラインから
> ipconfig
---(省略)---

Wireless LAN adapter Wi-Fi:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: xxxx::xxxx:xxxx:xxxx:xxxxxxx
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.11.20
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.11.1


Tera Term(テラターム)はSSH2プロトコルをサポートしているリモートログオンクライアントです。
https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/
[ダウンロードファイル一覧]をクリック → teraterm-4.104.zip
解凍してインストールしてください。

インストールフォルダーにあるTERATERM.INIの[HOST]にラズパイのローカルIPアドレスを追加します。
[Hosts]
Host1=192.168.11.21
ttermpro.exe を起動し、ラズパイのローカルIPアドレスを選択します。

ユーザ名:ubuntu / パスワード:初期設定時に指定したパスワード でログインします。


◇ロケール確認・設定
現在のロケール確認します
$ locale
LANG=C.UTF-8
LANGUAGE=
.....

対応しているロケール一覧を表示します
$ locale -a
C
C.UTF-8
POSIX
en_US.utf8

日本語ロケールがサポートされてるかを確認します
$ grep ja  /usr/share/i18n/SUPPORTED
ja_JP.UTF-8 UTF-8
ja_JP.EUC-JP EUC-JP

ロケールを追加します
$ sudo locale-gen ja_JP.UTF-8
Generating locales (this might take a while)...
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.

ロケール追加を確認します
$ locale -a
C
C.UTF-8
POSIX
en_US.utf8
ja_JP.utf8

設定を反映させます
$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

確認します
$ cat /etc/default/locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=ja_JP:ja

ログインし直します
$ locale (あるいは $ localectl status)
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=ja_JP:ja
....
◇時刻合わせ
タイムサーバを追加します
$ sudo vi /etc/systemd/timesyncd.conf
NTP=ntp.nict.jp
FallbackNTP=ntp.ubuntu.com

※FallbackNTPに複数サーバを指定する場合はスペース区切りで続けて記述する

$ timedatectl set-ntp true
$ sudo systemctl enable systemd-timesyncd.service

$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
$ sudo systemctl restart systemd-timesyncd.service
◇ホスト名の設定

現在のホスト名を確認します。
$ hostname 
ubuntu
ドメイン名を example.jp として設定した場合は下記のようになります。
$ sudo hostnamectl set-hostname ns.example.jp
$ hostnamectl
   Static hostname: ns.example.jp
         Icon name: computer
        Machine ID: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
           Boot ID: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  Operating System: Ubuntu 18.04.2 LTS
            Kernel: Linux 4.15.0-1048-raspi2
      Architecture: arm64
※ホスト名先頭の ns は Name Server の意味で、DNSサーバ設定に合わせた一般的な表記のようです

◇/bootディレクトリの整理

/bootには基本的にカーネルに関するファイルしか置かれてません。
/boot 容量の確認(microSDHC 32GBを使用した場合)
$ df /boot
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
/dev/mmcblk0p2  30471000 2086776  27111980   8% /
基本領域のブートディレクトリにある不要なカーネルを削除します。
起動中のカーネルのバージョンを確認します。
$ uname -a
Linux ns.example.jp 4.15.0-1048-raspi2 #52-Ubuntu SMP PREEMPT Wed Jan 16...
インストールされているカーネルの一覧を表示します。
$ dpkg --get-selections | grep linux-image
linux-image-4.15.0-1031-raspi2                  install
linux-image-4.15.0-1048-raspi2                  install
linux-image-raspi2                              install
カーネルは現在起動中のものと、念のため1つ前のものを残しておけば十分です。
linux-image-raspi2 は BCM2709用のカーネルのようです。
まずは --dry-run を付け、実際に処理を実行せずに、テストを実施してみます。
$ sudo apt-get autoremove --purge linux-image-raspi2 --dry-run
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  linux-image-raspi2* linux-raspi2*
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 2 個、保留: 78 個。
Purg linux-raspi2 [4.15.0.1036.34]
Purg linux-image-raspi2 [4.15.0.1036.34]
※カーネル削除時のオプションについて
autoremove : 削除しても問題ない不要なパッケージ (依存関係のないパッケージ) を自動的に削除する
--purge : カーネル・パッケージを削除する際に、設定ファイルも含めて削除する
--dry-run : 実際に処理を実行せずに、テストを実施する (動作確認用)

--dry-run を外して実行します。

再度、インストールされているカーネルの一覧を表示します。
$ dpkg --get-selections | grep linux-image
linux-image-4.15.0-1031-raspi2                  install
linux-image-4.15.0-1048-raspi2                  install
◇カーネルのバージョン更新

最新のカーネルにこだわる必要はないと思いますが、サーバーを公開してからカーネルを更新するのはリスクがあり過ぎなので、最新のカーネルにするのならばこのタイミングです。
インストール可能なカーネルをチェックします。
$ sudo apt-cache search linux-image | grep raspi2
linux-image-4.15.0-1010-raspi2 - Linux kernel image for version 4.15.0 on ARMv8 SMP
linux-image-raspi2 - Linux kernel image for the BCM2709 architecture.
---- (中略) ----
linux-image-4.15.0-1045-raspi2 - Linux kernel image for version 4.15.0 on ARMv8 SMP
linux-image-4.15.0-1047-raspi2 - Linux kernel image for version 4.15.0 on ARMv8 SMP
linux-image-4.15.0-1048-raspi2 - Linux kernel image for version 4.15.0 on ARMv8 SMP
linux-image-4.15.0-1049-raspi2 - Linux kernel image for version 4.15.0 on ARMv8 SMP
カーネルをインストールします
$ sudo apt-get install linux-image-4.15.0-1049-raspi2

リブートすると、新しいカーネルに自動的に変わっています。
$ uname -a

Linux ns.example.jp 4.15.0-1049-raspi2 #52-Ubuntu SMP PREEMPT Wed Jan 16...
ブートディレクトリーを表示します。
$ ls -l /boot
dtb -> dtbs/4.15.0-1049-raspi2/bcm2710-rpi-3-b-plus.dtb
dtb-4.15.0-1031-raspi2 -> dtbs/4.15.0-1031-raspi2/bcm2710-rpi-3-b-plus.dtb
dtb-4.15.0-1048-raspi2 -> dtbs/4.15.0-1048-raspi2/bcm2710-rpi-3-b-plus.dtb
dtb-4.15.0-1049-raspi2 -> dtbs/4.15.0-1049-raspi2/bcm2710-rpi-3-b-plus.dtb
initrd.img -> initrd.img-4.15.0-1049-raspi2
initrd.img-4.15.0-1031-raspi2
initrd.img-4.15.0-1048-raspi2
initrd.img-4.15.0-1049-raspi2
initrd.img.old -> initrd.img-4.15.0-1048-raspi2
vmlinuz -> vmlinuz-4.15.0-1049-raspi2
vmlinuz-4.15.0-1031-raspi2
vmlinuz-4.15.0-1048-raspi2
vmlinuz-4.15.0-1049-raspi2
vmlinuz.old -> vmlinuz-4.15.0-1048-raspi2
新しいカーネルへのリンクに張り替えられ、古いカーネルへのリンクには、リンク名に.oldが付加されているのがわかります。Ubuntu Server は、ブートローダーとして u-boot を使用していて、使い勝手が非常に悪いです。ディスクトップ版ubuntuと違い、GRUB2でのカーネル選択画面とかはありません。手動でこの.old付きリンクとdtbを元に戻せば、以前のカーネルに戻っているのかもしれませんが、カーネル情報は最新のままです。
カーネルのダウングレードは非常にやっかいですので、カーネルを更新すると元に戻せないと思った方が無難です。

◇パッケージの更新

ここまできたら一旦、インストール可能なパッケージ一覧を更新して、インストールされているパッケージを更新します。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade 
最後にラズパイ3 model B+の32GB SDカードと1Gメモリの使用状況です。
このSDカードには既にWEBサーバー、データベースマネージメントシステム、DNSサーバー、メールサーバーを組み込んだ状態です。
$ df
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
udev              450572       0    450572   0% /dev
tmpfs              93400    4488     88912   5% /run
/dev/mmcblk0p2  30471000 3190128  26008628  11% /
tmpfs             466984       0    466984   0% /dev/shm
tmpfs               5120       0      5120   0% /run/lock
tmpfs             466984       0    466984   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1    258095   96789    161307  38% /boot/firmware
tmpfs              93396       0     93396   0% /run/user/1000

$ free -t
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:         933968      317920      125976        6144      490072      594804
Swap:             0           0           0
Total:       933968      317920      125976
次に、拡張領域をUSB接続の128GBハードディスクに移した公開サーバーの状況です。
$ df
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
udev              450380       0    450380   0% /dev
tmpfs              93396    4512     88884   5% /run
/dev/sda1      114854020 4780388 104196284   5% /
tmpfs             466972       0    466972   0% /dev/shm
tmpfs               5120       0      5120   0% /run/lock
tmpfs             466972       0    466972   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1    258095   97663    160433  38% /boot/firmware
tmpfs              93392       0     93392   0% /run/user/1000

$ free -t
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:         933944      469584       40272        6916      424088      442260
Swap:             0           0           0
Total:       933944      469584       40272
ディスクにはかなり余裕があります。デスクトップ版ではないので、使用可能なメモリーも十分残っています。 また、Ubuntu 18.04ではスワップ領域をスワップファイル /swap.img に確保するため、スワップパーティションを作成する必要がなくなったようです。 このスワップファイルが必要に応じて自動的に利用されるのか、設定が必要なのかは現段階では不明です。
以前、Fedora Core で、CPUは Celeron、メモリー512Mのサーバーをデータセンターに借りていましたが、それですら全然余裕で稼働していました。 ubuntu server では、余計なパッケージも減り、ラズパイもメモリー1Gですので、いまのところ快適です。


◇その他の設定

起動時に表示される画面上部のロゴを消す

$ sudo vi /boot/firmware/cmdline.txt
net.ifnames=0 dwc_otg.lpm_enable=0 console=ttyAMA0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=deadline rootwait logo.nologo

※logo.nologo を追記します。

sshdでrootのパスワードログインを許可する(非推奨)

Ubuntuではデフォルトでrootはパスワードが設定されておらず、アカウントはロックされています。rootのパスワードを設定することでロックが解除され、rootのログインが可能となります。
$ sudo passwd root
Enter new UNIX password: ********
Retype new UNIX password: ********
passwd: password updated successfully
再度、rootアカウントをロックする場合
$ sudo passwd -l root

Ubuntuのsshdはrootのパスワードログインを許可していません。リモートからsshd経由でrootへログインするにはSSH公開鍵を使うべきです。
rootのパスワードを設定した状態で以下を実行することで、リモートからsshd経由でrootへログインできるようになります。
$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config
#PermitRootLogin prohibit-password
  ↓変更
PermitRootLogin yes

$ sudo systemctl restart sshd
 Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。
2019.10.15 第1回 前準備
2019.10.20 第2回 Ubuntu Server インストール
2019.10.27 第3回 Ubuntu Server 詳細設定
2019.10.28 番外編 無線LAN接続設定
2019.11.02 第4回 Apache WEBサーバ設定
2019.11.05 第5回 PHP 設定
2019.11.10 第6回 MySQL 設定
2019.11.11 第7回 DNS (bind) 設定
2019.11.16 第8回 メールサーバ(Postfix)設定・前編
2019.11.21 第9回 メールサーバ(Postfix)設定・後編
2019.11.24 第10回 ファイアウォール(iptables) 設定
2019.11.25 第11回 crontab 設定
2019.12.01 第12回 運用準備
2019.12.03 第13回 Windowsパソコンに開発環境を作る
2019.12.05 第14回 WEBサーバー公開
2019.12.10 第15回 動的サイト制作
2019.12.11 第16回 簡単なアクセスカウンターを作る
2020.03.04 TTGO-Camera による定点観測・WEB公開
2021.03.15 第17回 サーバ・リプレイス
2021.03.27 第18回 システム移行


ニーア オートマタ PLAY ARTS改 <ヨルハ 二号 B型 DX版> PVC製 塗装済み可動フィギュア
「NieR:Automata」より、ヨルハ二号B型こと2BがPLAY ARTS改に新たに登場! 高級感の感じられるコスチュームや髪の質感、洗練されたボディバランス、細かなデティールに至るまでこだわり抜かれた逸品。 DX版には通常版のラインナップに加え2Bの随行支援ユニット ポッド042などをはじめ“純白の美しい太刀"白の約定やエフェクトパーツ、自爆モードを再現できる換装用ボディパーツ、シーンに合わせて変えられる顔パーツ2種も付属する豪華な仕様に。 作中のあらゆるシーンを再現することが可能なファン必見の一品となっている。

DIPスイッチで動作電圧を3.3Vと5Vに切り替えられるUNO互換ボード
KEYESTUDIO Plus Board for Arduino UNO R3 with Type-C USB Cable, 3.3V 5V 1.5A Output Current, More Powerful Controller Board USB-シリアルチップ:CP2102 / 動作電圧:5Vまたは3.3V(DIPスイッチ制御)/ 外部電源:DC 6-15V(9V推奨)/ デジタルI / Oピン:14(D0〜D13)/ PWMチャネル:6(D3 D5 D6 D9 D10 D11)/ アナログ入力チャネル(ADC):8(A0-A7)/ DC出力機能の各I / Oポート:20 mA / 3.3Vポートの出力能力:50 mA / フラッシュメモリ:32 KB(うち0.5 KBはブートローダーによって使用されます)/ SRAM:2 KB(ATMEGA328P-AU)/ EEPROM:1 KB(ATMEGA328P-AU)/ クロック速度:16MHz / オンボードLEDピン:D13

エレクトロクッキー Leonardo R3 ATmega32u4 ボード DIY Arduino工作用 - ピンクエディション


Newtonライト2.0 ベイズ統計
ベイズ統計は,結果から原因を推定する統計学です。AIや医療などの幅広い分野で応用されています。その基礎となるのは18世紀に考えだされた「ベイズの定理」です。 この本では,ベイズ統計学のきほんをやさしく紹介していきます。

Interface 2021年10月号
☆特集:~ 格好良さアップ! 機能&信頼性アップ ! ~「 3Dプリンタ & メカ設計入門 」
☆特集2:Pico達人への道…「 C/C++でMicroPython拡張 」


トランジスタ技術 2021年9月号
☆特集:~ 直流・交流・非接触・センサ微小電流の測定ノウハウ ~「電流を正しく測る技術」

トランジスタ技術スペシャル 2021年7月号 宇宙ロケット開発入門
これから開発・活用が進むと期待されている宇宙空間への交通・物流インフラとして、小型・低価格ロケットが注目を集めています。本書では、基本構造から制御メカニズムまで、小型宇宙ロケット開発の基礎知識を実例を交えて解説します。

日経Linux 2021年9月号
【特集1】おうち時間をLinuxデスクトップで楽しむ! Linux環境を作るワザ
【特集2】徹底図解で丸わかり! 「WSL2」入門   Windows 11の新機能を速報!
【特集3】IT自動化ツール AnsibleでWeb導入を自動化
【特集4】ラズパイで楽しむLinuxライフ 「今、会議中」と家族に伝えるプレートをPythonで作ろう


ラズパイマガジン2021年秋号
特集1 サクッと動くパーツ&ライブラリ総覧
特集2 ArduinoライブラリでラズパイPicoを動かす
特集3 古いラズパイをフル活用! Node-REDで 楽しい電子工作
特集4 空気の汚れをラズパイで検知しよう
特集5 ラズパイで楽しむLinuxライフ
特集6 NVIDIAのAIボードが6000円台に!
特集7 M5StickCで始める電子工作 iPhoneからサーボモーターを制御しよう


トランジスタ技術スペシャル 2021年 4月号 No.154「達人への道 電子回路のツボ」
初学者が実用的な電子回路を設計できるようになるためのポイントをまとめました。学校の教科書だけではつかめない基本電子回路やOPアンプ/トランジスタの使い方の実際を、いろいろな視点から解説しています。


Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品
【仕様概要】CPU:ARM 1.2GHz 4コア、GPU:2コア 3D・動画支援、RAM:1GB、ネットワーク:LAN/Wi-Fi/Bluetooth、インターフェース:USB/HDMI/オーディオ/GPIO(UART/I2C/I2S/SPI...)。

ELEGOO Arduino用 Nanoボード V3.0 CH340/ATmega328P、Nano V3.0互換 (3)


ESPr Developer 32
スイッチサイエンス(Switch Science)

協和ハーモネット UL1007 AWG24 耐熱ビニル絶縁電線 リール巻 100m 黒


白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御はんだ吸取器 ハンディタイプ FR301-81


サンハヤト TTW-203 テストワイヤ
ブレッドボードとスルーホール間の接続に便利なワイヤですブレッドボード用のオスピンと基板のスルーホール用のバネ性のある端子を組み合わせたテストワイヤです

無水エタノールP 500mlx2個パック(掃除)


ケイバ(KEIBA) マイクロニッパー MN-A04


熱収縮チューブφ1.5
印字無しで綺麗☆ シュリンクチューブ 絶縁チューブ 防水 高難燃性 収縮チューブ (2m, ブラック(黒))


サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード


白光(HAKKO) HEXSOL 巻はんだ 精密プリント基板用 150g FS402-02


【Amazon.co.jp限定】エーモン 電工ペンチ 全長約255mm (1452)


[Amazon限定ブランド]【指定第2類医薬品】PHARMA CHOICE 解熱鎮痛薬 解熱鎮痛錠IP 100錠


Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.