HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2021-09-19 (Sun) Today's Access : 119 Total : 354113. Since 10 Sep. 2019

深層学習 第3回コード進行解析
2021.01.02

YouTube でも紹介しています。画像をクリックすると再生できます。

深層学習第2回では、マルコフ連鎖により、歌詞を自動生成してみました。 第3回では、第2回で歌詞と同時にスクレイピングしていたコード進行を解析してみます。
第2回で参考にさせていただいた「暮らしの小さじ」さんは、複数の楽曲から深層学習によるコード進行を生成しています。 LSTMを用いた深層学習を行いたい方はそちらを参考にしてください。

アイドルソングを自動生成してみた(2)コード進行生成

今回行うのは対象とする1つの楽曲のコード進行の解析です。タイトルに深層学習と付けていますが、深層学習用ライブラリーは使用していません。 深層学習という言葉はとても魅力的ですが、ライブラリーに頼らず自分で考えることも無駄ではないと思います。
さて、音楽のコード進行には規則性があり、コードをランダムに並べたのでは曲として成立しません。 複数の曲を収集して、深層学習した結果は、場合によってはそのアーティストの雰囲気を反映しないものになることもありえます。 学習モデルを使用する際には、その辺りも検討してみてください。

それでは解析を始めましょう。 深層学習第2回で取得した、アイドルグループ「BiSH」の「オーケストラ」のコード進行は下記の通りです。

E>B>C#m>A>E>B>C#m>A>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>EonG#>EonG#>A>A>EonG#>EonG#>A>A>EonG#>EonG#>A>A>F#m>F#m>B>B>B>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E

ブラウザが適当な場所で自動的に折り返して表示していますが、ひと続きのコード進行です。

■連続する同じコードは1つを残して削除する

同じコードが続く場合、それを一つに集約します。
例)・・・・Am>B>E>E>A>A>EonG#>F#m・・・・
         ↓
  ・・・・Am>B>E>A>EonG#>F#m・・・・
連続する同じコードはフレーズの繰り返しなど、雰囲気を盛り上げたいときに意図的に表記するので除いても問題なさそうです。
この処理を、Python でプログラミングしてみましょう。
# 連続する同じコードを削除する
def eraseSameChord(chordSeqs):
 key = ''
 seqTexts = []
 for chord in chordSeqs:
  if key != chord:
   seqTexts.append(chord)
   key = chord
 return seqTexts

chordSeqs = chordText.split('>')
chordSeqs = eraseSameChord(chordSeqs)
chordText = '>'.join(chordSeqs)
print(chordText)
Pythonのコードを実行してみると、下記のようになります。
※Pythonコードは、表示の都合で、字下げを全角スペースで行っています。 実行するには、本文最後に記載のコードを使用してください。

E>B>C#m>A>E>B>C#m>A>E>A>EonG#>F#m>B>E>A>EonG#>F#m>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>A>EonG#>F#m>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>EonG#>A>EonG#>A>EonG#>A>F#m>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>A>EonG#>F#m>B>E>A>EonG#>F#m>B>E

元のコード進行より、若干短くなっています。これが極端に短くなる曲は、かなりハイテンションな曲かもしれません。

■コード進行の重複を探す

このコード進行を2つ並べて、一方をずらしていき、合致する箇所を検出し、検出件数もカウントしていきます。

ここでは、連続する4つ以上のコードが一致する場合を、合致の条件としています。
 
# 重複コード検出
def detectSequence(chordSeqs):
 seqTexts = []
 seqLength = len(chordSeqs)
 for ival in range(1,seqLength-4):
  duplicate = [0] * (seqLength-ival)
  for pos in range(0,seqLength-ival):
   if chordSeqs[pos+ival] == chordSeqs[pos]:
    duplicate[pos] += 1

  dupText = ''
  dupCnt = 0
  for pos, dup in enumerate(duplicate):
   if dup==1:
    dupCnt += 1
    if len(dupText)==0:
     dupText += chordSeqs[pos]
    else:
     dupText += '>'
     dupText += chordSeqs[pos]
   else:
    if dupCnt>=4:
     seqTexts.append(dupText)
    dupCnt = 0
    dupText = ''
  if dupCnt>=4:
   seqTexts.append(dupText)
 return seqTexts

# 同じコード進行をカウントおよび削除する
def aggregateSequence(chordSeqs):
 chordSeqs.sort()
 uniqTexts = [chordSeqs[0]]
 key = chordSeqs[0]
 cnt = 1
 dic = {}
 i = 0
 for text in chordSeqs:
  if key != text:
   dic[i] = cnt
   i += 1
   cnt = 1
   uniqTexts.append(text)
   key = text
  else:
   cnt += 1
 if key == text:
  dic[i] = cnt
  i += 1

 chordSeqs = []
 for k,v in sorted(dic.items(), key=lambda x:x[1], reverse=True):
  chordSeqs.append(uniqTexts[k])
  print(v,':',uniqTexts[k])

 return chordSeqs

chordSeqs = detectSequence(chordSeqs)
chordSeqs = aggregateSequence(chordSeqs)
separator = chordSeqs[0]
 
重複頻度とともに重複コード進行が抽出されます。

22 : B>E>B>C#m
6 : B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E
4 : B>E>A>EonG#>F#m>B>E
4 : B>E>B>C#m>D
3 : B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
3 : E>A>EonG#>F#m>B>E
2 : F#m>B>E>B>C#m
1 : B>E>A>EonG#>F#m>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
1 : B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
1 : B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>A>EonG#>F#m>B>E
1 : E>A>EonG#>F#m>B>E>A>EonG#>F#m>B>E
1 : E>B>C#m>A>E
1 : EonG#>A>EonG#>A

この中で頻繁に現れる B>E>B>C#m のコード進行がこの曲の基本となっているようです。

■重複コードを基本コード進行で分割する

検出した重複コードを、この基本コード進行が現れる部分で分割します。
例えば、下記のコード進行の場合
B>E>A>EonG#>F#m>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
  ↓5つに分割される
B>E>A>EonG#>F#m
D>Bsus4
D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
分割されたコード進行のうち、4つ以上のコードが含まれるコード進行のみを残します。
# コード列を特定のコード列で分割する
def separateSequence(separator,chordSeqs):
 seqTexts = []
 if separator not in chordSeqs:
  return chordSeqs
 for text in chordSeqs:
  #print("text=",text)
  if separator not in text:
   seqTexts.append(text)
  elif text == separator:
   seqTexts.append(separator)
  else:
   tokens = text.split(separator)
   for token in tokens:
    if token != '':
     #print("token=",token)
     sepTokens = token.split('>')
     tmp = []
     for sepToken in sepTokens:
      if sepToken != '':
       tmp.append(sepToken)
     if len(tmp) > 4:
      editToken = '>'.join(tmp)
      #print("append-editToken=",editToken)
      seqTexts.append(editToken)
 return seqTexts

chordSeqs = separateSequence(separator,chordSeqs)

for text in chordSeqs:
 print(text)
重複コードが分割されて短くなっています。

B>E>B>C#m
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E
B>E>A>EonG#>F#m>B>E
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
E>A>EonG#>F#m>B>E
B>E>A>EonG#>F#m
D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>A>EonG#>F#m>B>E
E>A>EonG#>F#m>B>E>A>EonG#>F#m>B>E
E>B>C#m>A>E
EonG#>A>EonG#>A

■重複コードの先頭と末尾のコードが同じ場合、末尾のコードを削除する

def checkBothEnds(chordSeqs):
 seq = []
 for key, seqText in enumerate(chordSeqs):
  seq = seqText.split('>')
  endPos = len(seq) - 1
  if seq[0] == seq[endPos]:
   seq.pop(endPos)
   chordSeqs[key] = '>'.join(seq)
 return chordSeqs

chordSeqs = checkBothEnds(chordSeqs)
for text in chordSeqs:
 print(text)

B>E>B>C#m
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E
B>E>A>EonG#>F#m>B>E
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
E>A>EonG#>F#m>B
B>E>A>EonG#>F#m
D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>A>EonG#>F#m>B>E
E>A>EonG#>F#m>B>E>A>EonG#>F#m>B
E>B>C#m>A
EonG#>A>EonG#>A

■同一重複コードを削除する

同じ重複コードを削除します。
# 重複するコード進行を削除する
def removeDuplicate(chordSeqs):
 chordSeqs.sort()
 uniqSeq = []
 uniqSeq = [chordSeqs[0]]
 key = chordSeqs[0]
 for text in chordSeqs:
  if key != text:
   uniqSeq.append(text)
   key = text
 return uniqSeq

chordSeqs = removeDuplicate(chordSeqs)
for text in chordSeqs:
 print(text)
B>E>A>EonG#>F#m
B>E>A>EonG#>F#m>B>E
B>E>B>C#m
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>A>EonG#>F#m>B>E
D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#
E>A>EonG#>F#m>B
E>A>EonG#>F#m>B>E>A>EonG#>F#m>B
E>B>C#m>A
EonG#>A>EonG#>A

■含まれるコード数の少ない順に重複コードを並びかえる

コード進行をその中に含まれるコードの数の少ない順にソートします。
#構成しているコードの数でソートする
def sortSequence(chordSeqs):
 dic = {}
 newSeq = []
 for i, seq in enumerate(chordSeqs):
  dic[i] = len(seq.split('>'))
 for k,v in sorted(dic.items(), key=lambda x:x[1]):
  newSeq.append(chordSeqs[k])
 return newSeq

chordSeqs = sortSequence(chordSeqs)
for text in chordSeqs:
 print(text)
B>E>B>C#m
E>B>C#m>A
EonG#>A>EonG#>A
B>E>A>EonG#>F#m
E>A>EonG#>F#m>B
B>E>A>EonG#>F#m>B>E
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E
E>A>EonG#>F#m>B>E>A>EonG#>F#m>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>A>EonG#>F#m>B>E
D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#

■包括重複コードを再度分割する


構成するコード数の少ない順に重複コードを並べてみると、その短いコード進行が、コード数の多い重複コードの一部分になっているものがあることに気付きます。 そういう場合は、短い構成要素のコード進行に合致する箇所で、長いコード進行を再分割して、分割されたコード進行の構成コード数が4個以上のものを残します。
seqTexts = chordSeqs
for text in chordSeqs:
 seqTexts = separateSequence(text,seqTexts)

seqTexts = sortSequence(seqTexts)
for text in seqTexts:
 print(text)
B>E>B>C#m
E>B>C#m>A
EonG#>A>EonG#>A
B>E>A>EonG#>F#m
E>A>EonG#>F#m>B
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#

■再度、同一の重複コードを削除する

この分割処理の過程で、同一の重複コードが生成されてしまうので、再度、同一の重複コードを削除します。 重複コードをアルファベット順にソートします。最終的に7つのコード進行に集約されました。
chordSeqs = removeDuplicate(seqTexts)
for text in chordSeqs:
 print(text)
B>E>A>EonG#>F#m
B>E>B>C#m
Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am
D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#
E>A>EonG#>F#m>B
E>B>C#m>A
EonG#>A>EonG#>A

ここまで集約されると、曲の構成を理解する上で、かなりの手助けになると思います。

■コード進行の解析結果表示

全体のコード進行に含まれる、この7つのコード進行を色分けして編集します。
# コード進行の解析結果表示
def editSequence(chordSeqs,chordText):
 colors=['red','fuchsia','lime','blue','aqua','purple','green','navy']
 chordText = chordText.replace('>','>')
 for i, text in enumerate(chordSeqs):
  tmp = text.replace('>','>')
  reptext = '<strong><font color='+colors[i]+'>['+tmp+']</font></strong>'
  chordText = chordText.replace(tmp,reptext)
 return chordText

chordText = editSequence(chordSeqs,chordText)
print(chordText)
[E>B>C#m>A]>[E>B>C#m>A]>E>A>EonG#>F#m>[B>E>A>EonG#>F#m]>[B>E>B>C#m]>D>Bsus4>[B>E>B>C#m]>[D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#]>[B>E>B>C#m]>[Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am]>[B>E>B>C#m]>[Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am]>[B>E>A>EonG#>F#m]>[B>E>B>C#m]>D>Bsus4>[B>E>B>C#m]>[D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#]>[B>E>B>C#m]>[Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am]>[B>E>B>C#m]>[Bm>A>G #m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am]>B>[EonG#>A>EonG#>A]>EonG#>A>F#m>[B>E>B>C#m]>[Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am]>[B>E>B>C#m]>[Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am]>[B>E>A>EonG#>F#m]>[B>E>A>EonG#>F#m]>B>E

とても難しく思えたコード進行も、こうしてみると意外とわかりやすく感じます。
また、ここで重要なのは、色分けされていない通常のコード進行に含まれないコード進行の部分です。 このコード進行のつなぎが、プロの実力かもしれません。

今回は独自のコード解析を行ってみました。
複数のフィルター処理、再分割などのフィードバックなど、ニューラルネットワークに近いものがあるかもしれません。

chordAnalyzer.py
# 連続する同じコードを削除する
def eraseSameChord(chordSeqs):
	key = ''
	seqTexts = []
	for chord in chordSeqs:
		if key != chord:
			seqTexts.append(chord)
			key = chord
	return seqTexts

# 重複コード検出
def detectSequence(chordSeqs):
	seqTexts = []
	seqLength = len(chordSeqs)
	for ival in range(1,seqLength-4):
		duplicate = [0] * (seqLength-ival)
		for pos in range(0,seqLength-ival):
			if chordSeqs[pos+ival] == chordSeqs[pos]:
				duplicate[pos] += 1

		dupText = ''
		dupCnt = 0
		for pos, dup in enumerate(duplicate):
			if dup==1:
				dupCnt += 1
				if len(dupText)==0:
					dupText += chordSeqs[pos]
				else:
					dupText += '>'
					dupText += chordSeqs[pos]
			else:
				if dupCnt>=4:
					seqTexts.append(dupText)
				dupCnt = 0
				dupText = ''
		if dupCnt>=4:
			seqTexts.append(dupText)
	return seqTexts

# 同じコード進行をカウントおよび削除する
def aggregateSequence(chordSeqs):
	chordSeqs.sort()
	uniqTexts = [chordSeqs[0]]
	key = chordSeqs[0]
	cnt = 1
	dic = {}
	i = 0
	for text in chordSeqs:
		if key != text:
			dic[i] = cnt
			i += 1
			cnt = 1
			uniqTexts.append(text)
			key = text
		else:
			cnt += 1
	if key == text:
		dic[i] = cnt
		i += 1

	chordSeqs = []
	for k,v in sorted(dic.items(), key=lambda x:x[1], reverse=True):
		chordSeqs.append(uniqTexts[k])
		print(v,':',uniqTexts[k])

	return chordSeqs

# コード列を特定のコード列で分割する
def separateSequence(separator,chordSeqs):
	seqTexts = []
	if separator not in chordSeqs:
		return chordSeqs
	for text in chordSeqs:
		#print("text=",text)
		if separator not in text:
			seqTexts.append(text)
		elif text == separator:
			seqTexts.append(separator)
		else:
			tokens = text.split(separator)
			for token in tokens:
				if token != '':
					#print("token=",token)
					sepTokens = token.split('>')
					tmp = []
					for sepToken in sepTokens:
						if sepToken != '':
							tmp.append(sepToken)
					if len(tmp) > 4:
						editToken = '>'.join(tmp)
						#print("append-editToken=",editToken)
						seqTexts.append(editToken)
	return seqTexts

# コードの先頭と末尾が同じ場合、末尾のコードを削除する
def checkBothEnds(chordSeqs):
	seq = []
	for key, seqText in enumerate(chordSeqs):
		seq = seqText.split('>')
		endPos = len(seq) - 1
		if seq[0] == seq[endPos]:
			seq.pop(endPos)
			chordSeqs[key] = '>'.join(seq)
	return chordSeqs

# 重複するコード進行を削除する
def removeDuplicate(chordSeqs):
	chordSeqs.sort()
	uniqSeq = []
	uniqSeq = [chordSeqs[0]]
	key = chordSeqs[0]
	for text in chordSeqs:
		if key != text:
			uniqSeq.append(text)
			key = text
	return uniqSeq

# 構成しているコードの数でソートする
def sortSequence(chordSeqs):
	dic = {}
	newSeq = []
	for i, seq in enumerate(chordSeqs):
		dic[i] = len(seq.split('>'))
	for k,v in sorted(dic.items(), key=lambda x:x[1]):
		newSeq.append(chordSeqs[k])
	return newSeq

# コード進行の解析結果表示
def editSequence(chordSeqs,chordText):
	colors = ['red','fuchsia','lime','blue','aqua','purple','green','navy','teal']
	chordText = chordText.replace('>','>')
	for i, text in enumerate(chordSeqs):
		tmp = text.replace('>','>')
		reptext = '[' + tmp + ']'
		chordText = chordText.replace(tmp,reptext)
	return chordText

chordText = 'E>B>C#m>A>E>B>C#m>A>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>B>C#m>D>Bsus4>B>E>B>C#m>D>B>A>BonA>G#m>C#m>F#m>B>E>F#m>B>G#m>C#m>F#m>G#m>A>F#onA#>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>EonG#>EonG#>A>A>EonG#>EonG#>A>A>EonG#>EonG#>A>A>F#m>F#m>B>B>B>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>B>C#m>Bm>A>G#m>C#>C#onB>F#m>G#m>Am>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E>E>A>A>EonG#>F#m>F#m>B>B>E'
print(chordText)
chordSeqs = chordText.split('>')

print("---------- eraseSameChord(chordSeqs) ----------")
# 連続する同じコードを削除する
chordSeqs = eraseSameChord(chordSeqs)
chordText = '>'.join(chordSeqs)
print(chordText)

# 重複コード検出
chordSeqs = detectSequence(chordSeqs)

print("---------- aggregateSequence(chordSeqs) ----------")
# 同じコード進行をカウントおよび削除する
chordSeqs = aggregateSequence(chordSeqs)
separator = chordSeqs[0]

print("---------- separateSequence(separator,chordSeqs) ----------")
# コード列を特定のコード列で分割する
chordSeqs = separateSequence(separator,chordSeqs)
for text in chordSeqs:
	print(text)

print("---------- checkBothEnds(chordSeqs) ----------")
# コードの先頭と末尾が同じ場合、末尾のコードを削除する
chordSeqs = checkBothEnds(chordSeqs)
for text in chordSeqs:
	print(text)

print("---------- removeDuplicate(chordSeqs) ----------")
# 重複するコード進行を削除する
chordSeqs = removeDuplicate(chordSeqs)
for text in chordSeqs:
	print(text)

print("---------- sortSequence(chordSeqs) ----------")
# 構成しているコードの数でソートする
chordSeqs = sortSequence(chordSeqs)
for text in chordSeqs:
	print(text)

print("---------- separateSequence(text,seqTexts)/sortSequence(seqTexts) ----------")
# コード列を特定のコード列で分割する
seqTexts = chordSeqs
for text in chordSeqs:
	seqTexts = separateSequence(text,seqTexts)

# 構成しているコードの数でソートする
seqTexts = sortSequence(seqTexts)
for text in seqTexts:
	print(text)

print("---------- removeDuplicate(seqTexts) ----------")
# 重複するコード進行を削除する
chordSeqs = removeDuplicate(seqTexts)
for text in chordSeqs:
	print(text)

print("---------- editSequence(chordSeqs,chordText) ----------")
# コード進行の解析結果表示
chordText = editSequence(chordSeqs,chordText)
print(chordText)
	
 Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。
2020.01.05 第1回 abcjs 楽譜作成・演奏スクリプト
2020.01.09 I2S通信によるハイレゾ音源再生
2020.01.18 MIDI再生:FM音源YMF825+Arduino編
2020.01.24 FM音源YMF825+micro:bit編
2020.02.13 Piano Hat & Rosegarden
2020.03.18 テキスト読み上げ gTTS
2020.05.19 テキスト読み上げ AquesTalk pico LSI
2020.06.22 波形処理 第1回 音の波と三角関数
2020.07.22 波形処理 第2回 平均律と純正律
2020.08.26 波形処理 第3回 黒鍵と白鍵
2020.11.21 深層学習 第1回環境整備
2020.12.19 深層学習 第2回マルコフ連鎖・自動歌詞生成
2021.01.02 深層学習 第3回コード進行解析
2021.01.16 波形処理 第4回 コード演奏
2021.08.07 MIDI制御/Adafruit Music Maker
2021.08.23 MIDIフォーマット解析
2021.08.24 オーディオアンプ・スピーカー


ニーア オートマタ PLAY ARTS改 <ヨルハ 二号 B型 DX版> PVC製 塗装済み可動フィギュア
「NieR:Automata」より、ヨルハ二号B型こと2BがPLAY ARTS改に新たに登場! 高級感の感じられるコスチュームや髪の質感、洗練されたボディバランス、細かなデティールに至るまでこだわり抜かれた逸品。 DX版には通常版のラインナップに加え2Bの随行支援ユニット ポッド042などをはじめ“純白の美しい太刀"白の約定やエフェクトパーツ、自爆モードを再現できる換装用ボディパーツ、シーンに合わせて変えられる顔パーツ2種も付属する豪華な仕様に。 作中のあらゆるシーンを再現することが可能なファン必見の一品となっている。

DIPスイッチで動作電圧を3.3Vと5Vに切り替えられるUNO互換ボード
KEYESTUDIO Plus Board for Arduino UNO R3 with Type-C USB Cable, 3.3V 5V 1.5A Output Current, More Powerful Controller Board USB-シリアルチップ:CP2102 / 動作電圧:5Vまたは3.3V(DIPスイッチ制御)/ 外部電源:DC 6-15V(9V推奨)/ デジタルI / Oピン:14(D0〜D13)/ PWMチャネル:6(D3 D5 D6 D9 D10 D11)/ アナログ入力チャネル(ADC):8(A0-A7)/ DC出力機能の各I / Oポート:20 mA / 3.3Vポートの出力能力:50 mA / フラッシュメモリ:32 KB(うち0.5 KBはブートローダーによって使用されます)/ SRAM:2 KB(ATMEGA328P-AU)/ EEPROM:1 KB(ATMEGA328P-AU)/ クロック速度:16MHz / オンボードLEDピン:D13

エレクトロクッキー Leonardo R3 ATmega32u4 ボード DIY Arduino工作用 - ピンクエディション


Newtonライト2.0 ベイズ統計
ベイズ統計は,結果から原因を推定する統計学です。AIや医療などの幅広い分野で応用されています。その基礎となるのは18世紀に考えだされた「ベイズの定理」です。 この本では,ベイズ統計学のきほんをやさしく紹介していきます。

Interface 2021年10月号
☆特集:~ 格好良さアップ! 機能&信頼性アップ ! ~「 3Dプリンタ & メカ設計入門 」
☆特集2:Pico達人への道…「 C/C++でMicroPython拡張 」


トランジスタ技術 2021年9月号
☆特集:~ 直流・交流・非接触・センサ微小電流の測定ノウハウ ~「電流を正しく測る技術」

トランジスタ技術スペシャル 2021年7月号 宇宙ロケット開発入門
これから開発・活用が進むと期待されている宇宙空間への交通・物流インフラとして、小型・低価格ロケットが注目を集めています。本書では、基本構造から制御メカニズムまで、小型宇宙ロケット開発の基礎知識を実例を交えて解説します。

日経Linux 2021年9月号
【特集1】おうち時間をLinuxデスクトップで楽しむ! Linux環境を作るワザ
【特集2】徹底図解で丸わかり! 「WSL2」入門   Windows 11の新機能を速報!
【特集3】IT自動化ツール AnsibleでWeb導入を自動化
【特集4】ラズパイで楽しむLinuxライフ 「今、会議中」と家族に伝えるプレートをPythonで作ろう


ラズパイマガジン2021年秋号
特集1 サクッと動くパーツ&ライブラリ総覧
特集2 ArduinoライブラリでラズパイPicoを動かす
特集3 古いラズパイをフル活用! Node-REDで 楽しい電子工作
特集4 空気の汚れをラズパイで検知しよう
特集5 ラズパイで楽しむLinuxライフ
特集6 NVIDIAのAIボードが6000円台に!
特集7 M5StickCで始める電子工作 iPhoneからサーボモーターを制御しよう


トランジスタ技術スペシャル 2021年 4月号 No.154「達人への道 電子回路のツボ」
初学者が実用的な電子回路を設計できるようになるためのポイントをまとめました。学校の教科書だけではつかめない基本電子回路やOPアンプ/トランジスタの使い方の実際を、いろいろな視点から解説しています。


Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品
【仕様概要】CPU:ARM 1.2GHz 4コア、GPU:2コア 3D・動画支援、RAM:1GB、ネットワーク:LAN/Wi-Fi/Bluetooth、インターフェース:USB/HDMI/オーディオ/GPIO(UART/I2C/I2S/SPI...)。

ELEGOO Arduino用 Nanoボード V3.0 CH340/ATmega328P、Nano V3.0互換 (3)


ESPr Developer 32
スイッチサイエンス(Switch Science)

協和ハーモネット UL1007 AWG24 耐熱ビニル絶縁電線 リール巻 100m 黒


白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御はんだ吸取器 ハンディタイプ FR301-81


サンハヤト TTW-203 テストワイヤ
ブレッドボードとスルーホール間の接続に便利なワイヤですブレッドボード用のオスピンと基板のスルーホール用のバネ性のある端子を組み合わせたテストワイヤです

無水エタノールP 500mlx2個パック(掃除)


ケイバ(KEIBA) マイクロニッパー MN-A04


熱収縮チューブφ1.5
印字無しで綺麗☆ シュリンクチューブ 絶縁チューブ 防水 高難燃性 収縮チューブ (2m, ブラック(黒))


サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード


白光(HAKKO) HEXSOL 巻はんだ 精密プリント基板用 150g FS402-02


【Amazon.co.jp限定】エーモン 電工ペンチ 全長約255mm (1452)


[Amazon限定ブランド]【指定第2類医薬品】PHARMA CHOICE 解熱鎮痛薬 解熱鎮痛錠IP 100錠


Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.