HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2021-01-27 (Wed) Today's Access : 55 Total : 240942. Since 10 Sep. 2019

 画像処理 第5回自作デジカメ初号機完成
2020.10.27

YouTubeでポイントを説明しています。画像をクリックすると再生できます。

画像処理 第5回は、自作デジカメの組立てです。 第4回電源回路掲載後に、ArduCamカメラモジュールが初期不良を起こし、販売元で検証、交換してもらうのに2カ月半も 掛かってしまいました。
前回までに制作した、ArduCamカメラモジュール制御、SDカード制御、リアルタイムクロック制御 および電源モジュールからオリジナルのカメラを作っていきます。

■各回路のモジュール化
ブレッドボード上に配置した各回路をいきなり1つに纏めようとすると、気が滅入ってしまいますし、配線ミスの危険性があります。 そこで、機能ごとにモジュール化します。

画像処理 第2回カメラモジュール制御で制作した、ArduCamカメラ制御回路とmicroSDカード制御回路です。
まずは、ArduCamカメラ制御回路部分をモジュール化します。


さらに、第3回リアルタイムクロック制御回路とmicroSDカード制御回路を、1つのモジュールに纏めます。

基板の裏側に、電気二重層コンデンサーを取り付けています。

画像処理 第4回電源回路で制作した回路は、元々モジュール化していました。

昇圧した電源を、Arduino nano の Vin、GND端子に接続します。


Arduino Nano の MISO(D12)、MOSI(D11)、SCK(D13)はArduCamとマイクロSDカードモジュールで共通して使われるので、 2列15ピンのピンヘッダーを用いて分岐させています。また、5VとGNDも3分岐させています。
これらのモジュールを重ね合わせて、配線します。



■ソースコード
// ArduCAM demo (C)2017 Lee
// Web: http://www.ArduCAM.com
// This program is a demo of how to use most of the functions
// of the library with a supported camera modules, and can run on any Arduino platform.
//
// This demo was made for Omnivision 2MP/5MP sensor.
// It will run the ArduCAM 2MP/5MP as a real 2MP/5MP digital camera, provide both JPEG capture.
// The demo sketch will do the following tasks:
// 1. Set the sensor to JPEG mode.
// 2. Capture and buffer the image to FIFO every 5 seconds 
// 3. Store the image to Micro SD/TF card with JPEG format in sequential.
// 4. Resolution can be changed by myCAM.set_JPEG_size() function.
// This program requires the ArduCAM V4.0.0 (or later) library and ArduCAM 2MP/5MP shield
// and use Arduino IDE 1.6.8 compiler or above
#include <ArduCAM.h>
#include <Wire.h>
#include <SPI.h>
#include <SD.h>
#include "memorysaver.h"
//This demo can only work on OV2640_MINI_2MP or OV5642_MINI_5MP or OV5642_MINI_5MP_BIT_ROTATION_FIXED platform.
#if !(defined OV5642_MINI_5MP || defined OV5642_MINI_5MP_BIT_ROTATION_FIXED || defined OV2640_MINI_2MP || defined OV3640_MINI_3MP)
  #error Please select the hardware platform and camera module in the ../libraries/ArduCAM/memorysaver.h file
#endif
#define SD_CS 9
const int SPI_CS = 10;
ArduCAM myCAM( OV2640, SPI_CS );

// Realtime Clock
#define PIN_CE   2
#define PIN_IO   3
#define PIN_SCLK 4
static char clockTime[19]; // 時刻表示用文字列
static char shortTime[7];  // 撮影用文字列
static char dirTime[9];    // ディレクトリ用文字列

#define LED_PIN 8
#define BTN_PIN 7
boolean writeStatus=false;
String  recv;

//SPISettings settingsArduCam(2000000, MSBFIRST, SPI_MODE0);
//SPISettings settingsSDCard(250000, MSBFIRST, SPI_MODE0);
SPISettings settingsArduCam(500000, MSBFIRST, SPI_MODE0);
SPISettings settingsSDCard(4000000, MSBFIRST, SPI_MODE0);

#define LOCK_NONE    0
#define LOCK_ARDUCAM 1
#define LOCK_SDCARD  2

void spi_lock(int lock) {
	static int status = -1;
	if (lock==LOCK_NONE) {
		SPI.endTransaction();
		status = -1;
		return;
	}
	if (lock!=status) {
		SPI.endTransaction();
		if (lock==LOCK_ARDUCAM) {
			SPI.beginTransaction(settingsArduCam);
		} else if (lock==LOCK_SDCARD) {
			SPI.beginTransaction(settingsSDCard);
		}
		status = lock;
	}
}

void myCAMSaveToSDFile(){
	byte buf[256];
	static int pos = 0;
	char filename[20];
	char header[7];
	uint8_t prev = 0;
	uint32_t length = 0;
	uint32_t total  = 0;
	File outFile;

	//Flush the FIFO
	myCAM.flush_fifo();

	//Clear the capture done flag
	myCAM.clear_fifo_flag();

	//Start capture
	myCAM.start_capture();
	Serial.println(F("start Capture"));
	delay(50);
	while(!myCAM.get_bit(ARDUCHIP_TRIG , CAP_DONE_MASK));

	Serial.println(F("Capture Done."));  
	length = myCAM.read_fifo_length();

	Serial.print(F("The fifo length is :"));
	Serial.println(length, DEC);
	if (length >= MAX_FIFO_SIZE) //384K
	{
		myCAM.clear_fifo_flag();
		Serial.println(F("Over size."));
		return ;
	}
	if (length == 0 ) //0 kb
	{
		myCAM.clear_fifo_flag();
		Serial.println(F("Size is 0."));
		return ;
	}

	// JPEG FILE FFD8~FFD9
	// skip First Byte 0x00
	myCAM.CS_LOW();
	myCAM.set_fifo_burst();
	buf[0] =  SPI.transfer(0x00);
	buf[0] =  SPI.transfer(0x00);
	buf[1] =  SPI.transfer(0x00);
	myCAM.CS_HIGH();
	if ( (buf[0]!=0xFF)||(buf[1]!=0xD8) ) {
		Serial.println(F("Irregular JPEG Header"));
		sprintf(header,"%02x%02x",buf[0],buf[1]);
		Serial.println(header);
		return;
	}
	prev = buf[1];
	pos = 2;
	total=2;

	//ファイル名は8文字、拡張子は3文字までしか対応していない
	getDateBurst();
	if (!SD.exists(dirTime)) SD.mkdir(dirTime);
	sprintf(filename,"%s/%s.jpg",dirTime,shortTime);

	//Open the new file
	Serial.println(filename);
	outFile = SD.open(filename, O_WRITE | O_CREAT | O_TRUNC);
	if(!outFile){
		Serial.println(F("File open failed"));
		return;
	}

	spi_lock(LOCK_ARDUCAM);
	myCAM.CS_LOW();
	myCAM.set_fifo_burst();

	while ( true ) {
		while (true) {
			if (total>(length*2)) {
				myCAM.CS_HIGH();
				spi_lock(LOCK_NONE);
				Serial.print(F("Irregular Buffer Data : total size = "));
				Serial.println(total, DEC);
				sprintf(header,"%02x%02x",buf[pos-2],buf[pos-1]);
				Serial.println(header);
				return;
			}
			total++;
			buf[pos] =  SPI.transfer(0x00);
			if ((buf[pos]==0xD9)&&(prev==0xFF)) {
				myCAM.CS_HIGH();
				spi_lock(LOCK_NONE);
				spi_lock(LOCK_SDCARD);
				outFile.write(buf,(pos+1));
				//Close the file
				outFile.close();
				spi_lock(LOCK_NONE);
				Serial.println(F("Image save OK."));
				Serial.print(F("total bytes is :"));
				Serial.println((total-1), DEC);
				return;
			}
			prev = buf[pos];
			if (++pos==256) break;
		}
		myCAM.CS_HIGH();
		spi_lock(LOCK_SDCARD);
		outFile.write(buf, 256);
		pos = 0;
		spi_lock(LOCK_ARDUCAM);
		myCAM.CS_LOW();
		myCAM.set_fifo_burst();
	}
}

void setup(){
	uint8_t vid, pid;
	uint8_t temp;
	Wire.begin();
	Serial.begin(115200);
	Serial.println(F("ArduCAM Start!"));
	//set the CS as an output:
	pinMode(SPI_CS,OUTPUT);
	digitalWrite(SPI_CS, HIGH);
	// initialize SPI:
	SPI.begin();
  
	//Reset the CPLD
	myCAM.write_reg(0x07, 0x80);
	myCAM.write_reg(0x07, 0x00);
  
	while(1){
		//Check if the ArduCAM SPI bus is OK
		myCAM.write_reg(ARDUCHIP_TEST1, 0x55);
		temp = myCAM.read_reg(ARDUCHIP_TEST1);
  
		if (temp != 0x55){
			Serial.println(F("SPI interface Error!"));
			delay(1000);continue;
		}else{
			Serial.println(F("SPI interface OK."));break;
		}
	}
	//Initialize SD Card
	while(!SD.begin(SD_CS)){
		Serial.println(F("SD Card Error!"));
	}
	Serial.println(F("SD Card detected."));

	while(1){
		//Check if the camera module type is OV2640
		myCAM.wrSensorReg8_8(0xff, 0x01);
		myCAM.rdSensorReg8_8(OV2640_CHIPID_HIGH, &vid);
		myCAM.rdSensorReg8_8(OV2640_CHIPID_LOW, &pid);
		if ((vid != 0x26 ) && (( pid != 0x41 ) || ( pid != 0x42 ))){
			Serial.println(F("Can't find OV2640 module!"));
			delay(1000);continue;
		}
		else{
			Serial.println(F("OV2640 detected."));break;
		}
	}
	myCAM.set_format(JPEG);
	myCAM.InitCAM();
	//myCAM.OV2640_set_JPEG_size(OV2640_176x144);
	//myCAM.OV2640_set_JPEG_size(OV2640_352x288);
	//myCAM.OV2640_set_JPEG_size(OV2640_320x240);
	myCAM.OV2640_set_JPEG_size(OV2640_640x480);
	//myCAM.OV2640_set_JPEG_size(OV2640_800x600);
	//myCAM.OV2640_set_JPEG_size(OV2640_1600x1200);

	//myCAM.OV2640_set_Special_effects(BW);

	// Realtime Clock
	pinMode(PIN_SCLK,OUTPUT);
	pinMode(PIN_CE,  OUTPUT);

	pinMode(BTN_PIN, INPUT_PULLUP);
	pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

void capture() {
	if ( !writeStatus ) {
		writeStatus = true;
		digitalWrite(LED_PIN, HIGH);

		myCAMSaveToSDFile();

		writeStatus = false;
		digitalWrite(LED_PIN, LOW);
	}
}

// 整数値をBCDに変換
byte dec2bcd(int x) {
  return ((x/10)<<4)+(x%10);
}

uint8_t bcd2dec(const uint8_t bcd) {
	return (10*((bcd&0xF0)>>4)+(bcd&0x0F));
}

uint8_t shiftInEx() {
	uint8_t input_value=0;
	uint8_t bit=0;
	pinMode(PIN_IO,INPUT);
	for (int i=0; i<8; ++i) {
		digitalWrite(PIN_SCLK,HIGH);
		delayMicroseconds(1);
		digitalWrite(PIN_SCLK,LOW);
		delayMicroseconds(1);

		bit = digitalRead(PIN_IO);
		input_value |= (bit<<i); // Bits are read LSB first.
	}
	return input_value;
}

void shiftOutEx(const uint8_t value) {
	bool pinModeFlag = false;
	pinMode(PIN_IO, OUTPUT);
	for (int i=0;i<8;++i) {
		digitalWrite(PIN_IO, (value>>i)&1);
		delayMicroseconds(1);
		digitalWrite(PIN_SCLK,HIGH);
		delayMicroseconds(1);

		// We're about to read data -- ensure the pin is back in input mode
		// before the clock is lowered
		if (i==7) {
			if (value==0xBF) pinModeFlag=true; // clock Burst Read
			if ((value>=0x80)&&(value<=0x8D)&&(value%2)) pinModeFlag=true;
		}
		if (pinModeFlag) {
			pinMode(PIN_IO,INPUT);
		} else {
			digitalWrite(PIN_SCLK,LOW);
			delayMicroseconds(1);
		}
	}
}

void getDateBurst() {
	digitalWrite(PIN_SCLK,LOW);
	digitalWrite(PIN_CE,HIGH);
	delayMicroseconds(4);
	shiftOutEx(0xBF); //clock Burst Read
	uint8_t ss  = bcd2dec(shiftInEx() & 0x7F);
	uint8_t ii  = bcd2dec(shiftInEx());
	uint8_t hh  = bcd2dec(shiftInEx());
	uint8_t dd  = bcd2dec(shiftInEx());
	uint8_t mm  = bcd2dec(shiftInEx());
	uint8_t day = bcd2dec(shiftInEx());
	uint8_t yy  = bcd2dec(shiftInEx());
	digitalWrite(PIN_CE, LOW);
	delayMicroseconds(4);
	sprintf(clockTime,"%02d%02d%02d%02d%02d%02d",yy,mm,dd,hh,ii,ss);
	sprintf(shortTime,"%02d%02d%02d",hh,ii,ss);
	sprintf(dirTime,  "20%02d%02d%02d",yy,mm,dd);
}

void loop(){

	while (Serial.available())  {
		char data = Serial.read();
		if (data == '\n') {
			if (recv.substring(0, 2) == "on")  {
				capture();
			} else if (recv.substring(0, 4) == "time")  {
				getDateBurst();
				Serial.println("$ time");
				Serial.println(clockTime);
			}
			recv = "";
		} else {
			recv += data;
		}
	}

	if ( digitalRead(BTN_PIN)==LOW ) {
		capture();
	}
}

$ pio run -t upload
→ Ref.Arduino開発環境構築 PlatformIO

■動作確認

ニッケル水素電池からの電源供給により、Arduino nanoを起動し、シャーターボタンを押しても撮影されませんでした。 そこで、電圧・消費電流を計測してみます。
→ Ref.電流計測モジュール INA219


電源回路にニッケル水素電池1.2Vを取り付け、5Vに昇圧して給電した場合
BUS電圧は、3.67Vまで降下し、電流は87.9mAとなり、カメラ撮影に必要な電圧(5V)を確保できていません。


電源回路のニッケル水素電池をリチウムポリマー電池3.7Vに交換してみました。
BUS電圧5.09V、電流139.6mAと十分な出力を発揮し、正常に撮影できました。


作成済みの電源回路には、ニッケル水素電池充電用のモジュールを取り付けてあるので、リチウム電池用の充電回路に仕様変更します。

LiPoバッテリー充電コントローラ(TP4056)
使用するバッテリーに保護回路が付属しない、有無が不明の場合には、保護遮断機能付きの基板を選びましょう。
Ref.LiPoバッテリー充電コントローラ



3.7Vのリチウムポリマー電池を使用するので、稼働表示用の昇圧回路付きLEDは不要となり、また充電用電源供給端子も充電コントローラ基板に付いているので、 電源回路基板にスペースが空いたため、基板左側に電源スイッチを取り付けました。


また、左下にリチウムポリマー電池用に、PHコネクタを取り付けています。

■自作デジカメ 初号機完成

自作カメラ前面

右側の長いコードになっている部分は、シャッターボタンです。 ボタンを押すと、撮影が行われ、画像データをmicroSDカードに保存しおわるまで、左側の赤のLEDが点灯します。

自作カメラ上面

画像中央のType-Cは Arduino nano のUSB端子です。撮影時には不要ですが、プログラムの更新時に使用します。

自作カメラ左側面

各モジュールを Arduino nanoと接続するための、ワイヤーが並んでいます。 端子から外れないように、ワイヤーも自作しています。

自作カメラ右側面

電源オフ時に、クロックモジュールへ電力を供給するための電気二重層コンデンサと、メイン電源のリチウムポリマー電池が収められています。

自作カメラ背面

上部の電源スイッチを押すと、スイッチ右側の緑のLEDが点灯します。

■焦点補正

カメラモジュールの ArduCam Mini 2MP は、M12マウントでレンズの交換も可能です。 レンズはネジ式なので、ネジを左右に回して焦点を補正することができます。
撮影した画像を確認しながら、補正するのは面倒です。 device monitor で撮影画像サイズを確認しながら、補正しましょう。

$ platformio device monitor -p /dev/ttyUSB0 -b 115200
ArduCAM Start!
SPI interface OK.
SD Card detected.
OV2640 detected.

ここで、シャッターボタンを押すか、デバイスモニター上で、"on"[Return]で撮影が行われます。
Capture Done.
The fifo length is :11268
20201026/114302.jpg
Image save OK.
total bytes is :10758

被写体がピンぼけしていると画像サイズは小さく、レンズを回して焦点が合ってくると、画像サイズが増加していきます。
画像サイズがピークになるように調整しましょう。

■撮影

それでは撮影に出掛けましょう。
microSDカードは、16GBや32GBだと機能しない場合もあります。8GBくらいのSDカードを用意するとよいでしょう。


でも、その前に・・・落として壊れたら大変です。ナイロン製のスペーサーに穴を空けて、ストラップ取り付け用にチャームを結びつけています。


ハロウィーン間近のショッピングモールを散策してみました。電球直視は苦手かもしれません。


日没後の微かな街路灯に照らされた世界は得意のようです。


ショーウィンドウの中を撮影してみました。トイカメラ風の柔らかな映像になっています。


【深層学習関連】
20.11.21 深層学習 第1回環境整備
20.12.19 深層学習 第2回マルコフ連鎖・自動歌詞生成
21.01.02 深層学習 第3回コード進行解析

【画像処理関連】

20.05.28 画像処理 第1回トイカメラ
20.06.09 画像処理 第2回カメラモジュール制御
20.06.28 画像処理 第3回リアルタイムクロック
20.07.08 画像処理 第4回電源回路
20.10.27 画像処理 第5回自作デジカメ初号機完成
20.11.10 画像処理 第6回ドーナツデジカメ
【音楽関連】

20.01.05 第1回 abcjs 楽譜作成・演奏スクリプト
20.01.09 I2S通信によるハイレゾ音源再生
20.01.18 MIDI再生:FM音源YMF825+Arduino編
20.01.24 FM音源YMF825+micro:bit編
20.02.13 Piano Hat & Rosegarden
20.06.22 波形処理 第1回 音の波と三角関数
20.07.22 波形処理 第2回 平均律と純正律
20.08.26 波形処理 第3回 黒鍵と白鍵
21.01.02 深層学習 第3回 コード進行解析
21.01.16 波形処理 第4回 コード演奏
【WEBサイト構築関連】

19.10.15 第1回 前準備
19.10.20 第2回 Ubuntu Server インストール
19.10.27 第3回 Ubuntu Server 詳細設定
19.10.28 番外編 無線LAN接続設定
19.11.02 第4回 Apache WEBサーバ設定
19.11.05 第5回 PHP 設定
19.11.10 第6回 MySQL 設定
19.11.11 第7回 DNS (bind) 設定
19.11.16 第8回 メールサーバ(Postfix)設定・前編
19.11.21 第9回 メールサーバ(Postfix)設定・後編
19.11.24 第10回 ファイアウォール(iptables) 設定
19.11.25 第11回 crontab 設定
19.12.01 第12回 運用準備
19.12.03 第13回 Windowsパソコンに開発環境を作る
19.12.05 第14回 WEBサーバー公開
19.12.10 第15回 動的サイト制作
19.12.11 第16回 簡単なアクセスカウンターを作る
20.03.04 TTGO-Camera による定点観測・WEB公開
【開発環境関連】

19.12.19 Raspbian Stretch LITE インストール
19.12.19 ファイル共有 dokany + Win-sshfs
19.12.26 Arduino開発環境構築 PlatformIO
【SNS関連】

20.03.18 テキスト読み上げ gTTS
20.04.24 Twitter-LINE連携によるビジネス活用
20.05.19 テキスト読み上げ AquesTalk pico LSI
【周辺機器関連】

20.01.01 1280x800 HDMI MONITOR
20.01.12 micro:bitをコマンドラインで使う
20.02.04 サーマルプリンタを使う
20.03.27 M5Stackキーボードを利用する
20.06.29 液晶キャラクターディスプレイLCD1602A
20.08.03 Seeeduino XIAO
20.08.09 LGT8F328P - Arduino clone
20.09.18 電流計測モジュール INA219
【その他】

19.12.13 モバイルバッテリーによる瞬間停電対策
20.02.04 電子組版 upLaTeX
20.04.10 電卓を制御して数字を表示する
20.05.06 箱庭回路 蓄電&昇圧回路
20.09.04 箱庭回路 センサーライト
20.09.29 シガーライターIC s090c
20.10.13 自動給水装置 LM393+NE555
20.12.05 FM放送受信 TEA5767

 トランジスタ技術 2021年1月号
特集: アナログ回路はノイズと闘う ~システムの性能を維持して安定な動作を実現するために~
Interface 2021年1月号
☆特集 Jetson/ラズパイ/PCで自習 Python画像処理100 ☆特別付録:コンピュータ手帳2021
日経Linux 2021年 1月号
★超保存版・冊子付録   Ubuntu完全対応 Linuxコマンド逆引き大辞典   264項目 ★付録DVD 特集連動2本入り「Ubuntu 20.10 日本語Remix」「Ubuntu Server20.10」
ラズパイマガジン2020年12月号
温度、距離、におい、圧力など、さまざまな種類のセンサー350種類を一挙に紹介します。特性や価格を示した一覧表を用意したので、用途に合った適切な製品を選べます。そのうちの34種類のセンサーは、仕組みから配線図まで図解で分かりやすく解説します。
15Stepで踏破 自然言語処理アプリケーション開発入門
エンジニアの実務に役立つ知識に絞り、独自に15の学習ステップを体系化しました。 数値計算にNumPy、形態素解析にMeCab、機械学習にscikit-learn、ディープラーニングに Keras等を使い、Pythonのコードを記述し動かしていきます。
プログラミング・ビットコイン ―ゼロからビットコインをプログラムする方法

Linuxサーバーがゼロから作れる本
このLinuxを使いこなす上で一番手っ取り早いのが自分でLinuxサーバーを構築してみることです。 WindowsやMacのパソコンしか使ったことが無い人でも理解できるよう、 しくみや手順の解説を丁寧にまとめ上げた、ゼロからのサーバー入門ガイドです。

Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品
【仕様概要】CPU:ARM 1.2GHz 4コア、GPU:2コア 3D・動画支援、RAM:1GB、ネットワーク:LAN/Wi-Fi/Bluetooth、インターフェース:USB/HDMI/オーディオ/GPIO(UART/I2C/I2S/SPI...)。

Arduino Nano
ATmega328搭載/ 動作電圧: 5V/ 入力電源電圧(推奨):7~12V/ デジタル入出力ピン: 14本/ PWMチャンネル: 6本/ アナログ入力チャンネル: 8本/ 直流電流(1ピン当り最大): 40 mA/ 直流電流(3.3Vピン、1ピン当り最大): 50 mA/ Flashメモリ: 32 KB (ATmega328) 内2KBはブートローダーで使用/ SRAM: 2 KB (ATmega328)/ EEPROM: 1 KB (ATmega328)/ Clock Speed: 16 MHz
逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典
機能が豊富で、速度・アナログ制御・省電力性・コストの面でもアドバンテージをもつPICマイコン。そんなPICマイコンの使い方を、目的別にやりたいことから引ける、逆引きタイプのガイドブックです。
C言語による PICプログラミング大全
2002年に初版、2009年に第2版を発売した名著『C言語によるPICプログラミング入門』 が大幅リニューアルし「大全」として生まれ変わりました。 本書では、機能豊富なPIC16F1シリーズを使いこなすために、統合開発環境を MPLAB X IDEに、CコンパイラはMicrochip Technology社純正のXC8に、それぞれ変更しました。 C言語でPICマイコンのプログラミングを始めたい方から、最新のPICマイコンの機能をとことん使い倒したい方まで、必ず役に立つ1冊です。
PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック
「PICマイコン+Raspberry Pi3B」という組み合わせで、高機能な電子工作を簡単に実現し、電子工作を各段に高度化する方法について解説していきます。
ESP32&Arduino 電子工作 プログラミング入門
電子工作ファンに人気のマイコンArduino、そしてWiFiとBluetooth内蔵でネットワーク接続しやすいESP32。それらのマイコンでプログラムを組む際に使うのが「Arduino言語」です。
超特急Web接続!ESPマイコン・プログラム全集
IoT技術の回路とプログラムを解説しました. トランジスタ技術2016年9月号と2017年3月号の特集に 最新の情報を加筆して一冊に仕上げました. 回路とプログラムのサンプル資料として最適です. ラズベリー・パイやIchigoJamを連動させた例も紹介しています
M5Stack用カード型キーボードユニット
M5Stackにフル機能のQWERTY配列キーボードを実装できるユニットです。複数のボタンの組み合わせ(Sym + Key、Shift + Key、Fn + Key)や豊富なキーの値を出力することが可能です。
Ubuntu サーバー徹底構築
サーバー用UbuntuでLinuxサーバーを構築しよう! 導入からLinuxやコマンドの基本、各種サーバー構築、バックアップやストレージ管理まで! サーバー用Linuxディストリビューションとして定評のあるUbuntu Serverの中でも、 10年長期サポート版であるUbuntu Server 18.04 LTSに対応!
[改訂第3版]Linuxコマンドポケットリファレンス
本書はLinux操作に必要なコマンドを収録したポケットリファレンスです。機能別にコマンドを分類し、各コマンドページでは書式/使用例などをコンパクトにまとめています。またアルファベット順索引も用意しており、名前しかわからなくてもすぐに目的のコマンドを探すことができます。今回の改訂では仮想化、データベース、クラウド時代に対応したネットワークコマンドなどを追加しています。おもなLinuxディストリビューションのCentOS、Fedora、Debian GNU/Linux、Ubuntuに対応し、初心者から上級者まで必携の1冊です。
できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応
番のApache独学書を改訂しました! CentOS、Ubuntu、Windows、Mac OS Xに対応しています。できるPROシリーズは、実際の画面や詳細なイラスト、概念図などで構成。 はじめての方でも理解しやすくなっています。 インストール、アクセス制限、CGI、モジュール拡張、ログ管理など、基本的なことから実践的なことまでていねいに解説しています。
[改訂第3版]PHPポケットリファレンス
PHPを利用したいすべての方必携の「PHPポケットリファレンス」最新版がついに登場! PHP 5/4による開発の際によく利用される機能を集約し、必要な知識を目的別、逆引きでまとめました。PHP5.3以降を対象とし、PHP4からある機能はPHP4でも利用できることがわかるようになっています。またオブジェクト指向型のAPI解説を大幅に強化。開発の現場には1冊置いておきたい書籍です。
MySQL ポケットリファレンス
MySQLはさまざまなWebサービスの中核を担うデータベースです。本書はMySQLの基礎的な内容を中心に、日常的によく使うちょっとしたコマンドや、外部管理ツールとの連携など、MySQLの管理/運用にあたって便利な情報を素早く探し出すことができます。MySQL自体の操作、MySQL特有のコマンド、MySQL専用管理ツール、PHPからの操作など、MySQLを実際に使っているユーザーに役立つ内容となっています。
Postfix詳解―MTAの理解とメールサーバの構築・運用
電子メールの配送システムの中核を担うプログラム「MTA」(Message Transfer Agent)のひとつが、「Postfix」です。 この全容を記した本です。 すところなく解説していきます。
DNSがよくわかる教科書
本書では、DNSの仕組みから、ドメイン名のルール、主なリソースレコードの内容、コマンドによる動作確認、DNSの運用ノウハウ、DNSSECの基礎知識まで、順を追ってやさしく解説します。

Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.