HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2021-09-19 (Sun) Today's Access : 118 Total : 354112. Since 10 Sep. 2019

Unexpected Maker TinyS2
2021.06.26


YouTube でも紹介しています。画像をクリックすると再生できます。

今回は、Unexpected Maker TinyS2 を使ってみました。

TinyS2 は ESP32-S2チップを搭載し、SPI Flash 4MB、PSRAM 2MB を実装しています。 メインメモリにPSRAMがマップされているため、大きなメモリを割り当てると、自動的に外部PSRAMに割り当てられます。 これにより、画像処理などの多くのメモリー空間を必要とする処理を可能にしています。
また、ESP32 Devkit-C と比べて、遥かに小さなサイズになっています。



■Pinout


■Specifications
・ESP32-S2 32-bit 240 MHz single-core processor
・4MB SPI Flash
・320KB SRAM、2MB extra PSRAM
・2.4 GHz Wi-Fi - 802.11b/g/n
・3D high gain antenna
・700 mA 3.3 V LDO regulator
・Optimised power path for low-power battery usage
・LiPo battery management
・Power (red), Charge (orange) LEDs
・USB-C + Reverse USB power protection
・VBAT voltage check and VBUS presence detection
・17x GPIO
・NeoPixel RGB LED
・TinyPICO compatible format

■Tinyシリーズの変遷


この製品の初号機TinyPicoは、クラウドファンディングにより、目標額を遥かに上回る支援金が集まり、開発に至りました。
目標額が100ドルですので、資金調達というよりも、むしろ販売広告的な要素が強いように思えます。
TinyS2はその後継機です。初号機のTinyPicoの段階から、ESP32 WROVERのようにPSRAMを実装していた優れものです。
Ref.CROWD SUPPLY

まずは、ラズベリーパイに繋いで、接続デバイスを確認します
開発環境には、PlatformIOを使用しています。
Ref.Arduino開発環境構築 PlatformIO

$ pio device list
/dev/ttyACM0
------------
Hardware ID: USB VID:PID=303A:1234 SER=7CDEF123ABC LOCATION=1-1.2:1.0
Description: TinyS2 - CircuitPython CDC control

/dev/ttyAMA0
------------
Hardware ID: A1234500.serial
Description: ttyAMA0

TinyS2 が /dev/ttyACM0 として接続されていることがわかります。
TinyS2には、初期状態において、UF2ブートローダーとESP32-S2をサポートする CircuitPython 6.3.0 がバンドルされています。

TinyS2をラズベリーパイに接続するだけで、ファイルシステムにUSBフラッシュドライブとして表示されます。
$ sudo fdisk -l
Disk /dev/sda: 960.5 KiB, 983552 bytes, 1921 sectors Disk model: TinyS2 Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes Disklabel type: dos Disk identifier: 0x00000000 Device Boot Start End Sectors Size Id Type /dev/sda1 1 1920 1920 960K 1 FAT12
ドライブの中身をみてみます。
$ sudo mount /dev/sda1 /mnt/target
$ cd /mnt/target
$ ls -l
-rw-r--r-- 1 pi pi   65 12月  4  2016 boot_out.txt
-rw-r--r-- 1 pi pi 1222  4月  7 13:43 code.py
drwxr-xr-x 2 pi pi  512 12月  4  2016 lib
-rw-r--r-- 1 pi pi  398  4月  7 13:43 test_results.txt
-rw-r--r-- 1 pi pi 1891  4月  7 13:43 tinys2.py
code.py には、すでに、NeoPixel RGB LED を光らせるコードが記述されていて、その中で、tinys2.py を import しています。
code.py
import time, gc, os
import neopixel
import board, digitalio
import tinys2

# Create a NeoPixel instance
# Brightness of 0.3 is ample for the 1515 sized LED
pixel = neopixel.NeoPixel(board.NEOPIXEL, 1, brightness=0.3, auto_write=True, pixel_order=neopixel.RGB)

# Say hello
print("\nHello from TinyS2!")
print("------------------\n")

# Show available memory
print("Memory Info - gc.mem_free()")
print("---------------------------")
print("{} Bytes\n".format(gc.mem_free()))

flash = os.statvfs('/')
flash_size = flash[0] * flash[2]
flash_free = flash[0] * flash[3]
# Show flash size
print("Flash - os.statvfs('/')")
print("---------------------------")
print("Size: {} Bytes\nFree: {} Bytes\n".format(flash_size, flash_free))

print("Pixel Time!\n")

# Create a colour wheel index int
color_index = 0

# Turn on the power to the NeoPixel
tinys2.set_pixel_power(True)

# Rainbow colours on the NeoPixel
while True:
    # Get the R,G,B values of the next colour
    r,g,b = tinys2.rgb_color_wheel( color_index )
    # Set the colour on the NeoPixel
    pixel[0] = ( r, g, b, 0.5)
    # Increase the wheel index
    color_index += 1
        
    # Sleep for 15ms so the colour cycle isn't too fast
    time.sleep(0.015)
tinys2.py
# TinyS2 Helper Library
# 2021 Seon Rozenblum, Unexpected Maker
#
# Project home:
#   https://tinys2.io
#

# Import required libraries
import time
import board
from digitalio import DigitalInOut, Direction, Pull
from analogio import AnalogIn

# Setup the NeoPixel power pin
pixel_power = DigitalInOut(board.NEOPIXEL_POWER)
pixel_power.direction = Direction.OUTPUT

# Setup the BATTERY voltage sense pin
vbat_voltage = AnalogIn(board.BATTERY)

# Setup the VBUS sense pin
vbus_sense = DigitalInOut(board.VBUS_SENSE)
vbus_sense.direction = Direction.INPUT

   
# Helper functions
def set_pixel_power(state):
    """Enable or Disable power to the onboard NeoPixel to either show colour, or to reduce power fro deep sleep."""
    global pixel_power
    pixel_power.value = state
    
def get_battery_voltage():
    """Get the approximate battery voltage."""
    # I don't really understand what CP is doing under the hood here for the ADC range & calibration,
    # but the onboard voltage divider for VBAT sense is setup to deliver 1.1V to the ADC based on it's
    # default factory configuration.
    # This forumla should show the nominal 4.2V max capacity (approximately) when 5V is present and the
    # VBAT is in charge state for a 1S LiPo battery with a max capacity of 4.2V   
    global vbat_voltage
    return (vbat_voltage.value / 5371)

def get_vbus_present():
    """Detect if VBUS (5V) power source is present"""
    global vbus_sense
    return vbus_sense.value

def rgb_color_wheel(wheel_pos):
    """Color wheel to allow for cycling through the rainbow of RGB colors."""
    wheel_pos = wheel_pos % 255

    if wheel_pos < 85:
        return 255 - wheel_pos * 3, 0, wheel_pos * 3
    elif wheel_pos < 170:
        wheel_pos -= 85
        return 0, wheel_pos * 3, 255 - wheel_pos * 3
    else:
        wheel_pos -= 170
        return wheel_pos * 3, 255 - wheel_pos * 3, 0
    



libディレクトリは空です。
CircuitPythonを利用するのであれば、コードをコピーするか、ドライブで直接コードを編集するだけで実行可能ですが、 今回は、Arduino ESP32 として利用します。

プロジェクトを作成します
$ mkdir ~/TinyS2
$ cd TinyS2

ボード情報を取得します。
$ pio boards "Tiny"
Platform: espressif32
======================================================
ID        MCU    Frequency    Flash    RAM    Name
--------  -----  -----------  -------  -----  --------
tinypico  ESP32  240MHz       4MB      320KB  TinyPICO
$ pio init -b tinypico

TinyS2 は発売されて間もないので、まだボード情報がありませんので、TinyPicoで代用します。

環境設定ファイルを編集します。
現在リリースされているESP32 Arduino Coreバージョン(1.0.6)にはESP32-S2のサポートはありません。TinyS2(またはESP32-S2ボード)でArduino開発環境を使用する場合は、githubから最新バージョンをダウンロードして使用する必要があります。

$ vi platformio.ini
[env:tinypico]
platform = espressif32
board = tinypico
framework = arduino
 ↓
[env:tinypico]
platform = https://github.com/platformio/platform-espressif32.git
platform_packages =
 framework-arduinoespressif32 @ https://github.com/espressif/arduino-esp32
board = tinypico
framework = arduino
board_build.mcu = esp32s2
build_flags =
 -DBOARD_HAS_PSRAM
 -mfix-esp32-psram-cache-issue
monitor_speed = 115200
lib_deps =
 adafruit/Adafruit ILI9341@^1.5.7
 adafruit/Adafruit BusIO@^1.7.5
 adafruit/Adafruit GFX Library@^1.10.10

Ref.Using Arduino Framework with Staging version
Ref.esp32s2 branch in platformio #4427
Ref.platformio.org - TinyPICO

$ vi src/checkPSRAM.ino
void setup() {
  Serial.begin(115200);
  Serial.printf("Internal Total heap %d, internal Free Heap %d\n", ESP.getHeapSize(), ESP.getFreeHeap());
  Serial.printf("SPIRam Total heap %d, SPIRam Free Heap %d\n", ESP.getPsramSize(), ESP.getFreePsram());
  Serial.printf("Flash Size %d, Flash Speed %d\n", ESP.getFlashChipSize(), ESP.getFlashChipSpeed());
  Serial.printf("ChipRevision %d, Cpu Freq %d, SDK Version %s\n", ESP.getChipRevision(), ESP.getCpuFreqMHz(), ESP.getSdkVersion());
}

void loop() {
}

$ pio run -e tinypico

Tool Manager: toolchain-xtensa32s2 @ 1.80400.210211 has been installed!
Tool Manager: toolchain-esp32s2ulp @ 1.22851.191205 has been installed!
A fatal error occurred: Segment loaded at 0x3f000120 lands in same 64KB flash mapping as segment loaded at 0x3f000020.
Can't generate binary. Suggest changing linker script or ELF to merge sections.
*** [.pio/build/tinypico/firmware.bin] Error 2

エラー表示の内容からはどう対応してよいのかわかりません。 新しいボードでネット上にも情報が少ないのですが、ひたすら対策を探します。

Ref.Linker/ESPTOOL issue--can't generate bin from elf
Ref.espressif/esptool

結果として、esptool.py を最新のものに置き換えることで対応できました。

$ sudo find / -name esptool.py -print
/home/pi/.platformio/packages/framework-arduinoespressif32@3.10005.210308/tools/esptool.py
/home/pi/.platformio/packages/tool-esptoolpy/esptool.py
/home/pi/.platformio/packages/framework-arduinoespressif32/tools/esptool.py

tool-esptoolpy 配下にある esptool.py を最新のものに置き換えます
$ cd ~/.platformio/packages/tool-esptoolpy
$ mv esptool.py esptool.py.org
$ wget https://github.com/espressif/esptool/blob/master/esptool.py

プログラムの書込みは、TinyS2をRaspberry Pi にUSB接続後に、[BOOT]を押しながら[RESET]をクリックして、デバイスをダウンロードモードにします
Raspberry Pi Pico の、[BOOTSEL]ボタンを押しながら、USBケーブルを接続するのに比べて、操作が楽です。
Ref.How can I flash my TinyS2 in Arduino?

$ pio run -e tinypico -t upload
ERROR: ESP32-S2FH32 chip was placed into download mode using GPIO0.
esptool.py can not exit the download mode over USB. To run the app, reset the chip manually.
To suppress this error, set --after option to 'no_reset'.

TinyS2にコード転送後に、ダウンロードモードから抜けられないというERRORメッセージが表示されます。 TinyS2の[RESET]ボタンを押すことで、ダウンロードモードから抜けて、プログラムが実行されますが、それと同時に /dev/ttyACM0 は見えなくなります。
Serial.printf()などによるメッセージ表示は、UART(/dev/ttyAMA0)で行います。

■シリアル通信用配線
ラズベリーパイと、TinyS2 を接続します。


RasPi - TinyS2
3v3 [1] - 3V3
GND [6] - GND
TXD [8] - RX
RXD [10] - TX
USB - USB

USBケーブルを接続したままですと、LED INDICATORの点滅が煩わしいので、 コード書込み後は、USBケーブルを外しても構いません。
platformIOのデバイスモニターを起動して、[RESET]ボタンを押します
プログラムが実行され、PSRAMとSPI Flashサイズが表示されます

$ pio device monitor -p /dev/ttyAMA0 -b 115200
Internal Total heap 286243, internal Free Heap 230467
SPIRam Total heap 2094723, SPIRam Free Heap 2094723
Flash Size 4194304, Flash Speed 40000000
ChipRevision 0, Cpu Freq 240, SDK Version v4.4-dev-1594-g1d7068e4b

次に、SDカード内の画像ファイルを読み込んで、TFTディスプレイに表示してみます。 また、画像ファイルは、オンメモリー上に展開して、画像変換処理も行いましょう。

■Adafruit 2.2" 18-bit color TFT LCD display with microSD card breakout

ILI9340搭載の解像度240x320、TFT液晶モジュールです。 microSDカードスロットが付いています。 ILI9341ライブラリが使用できます。
・2.2" diagonal true TFT LCD display has 320x240 colour pixels
・The TFT driver (ILI9340) can display full 18-bit color (262,144 shades!)
・ultra-low-dropout 3.3V regulator and a 3/5V level shifter so you can use it with 3.3V or 5V power and logic.
・comes with a microSD card holder so you can easily load full color bitmaps from a FAT16/FAT32 formatted microSD card (card not included)

TinyS2 - Adafruit TFT display
GND  - GND
3V3  - VIN
GPIO[14]  - DC:SPI data / command selection
GPIO[9]  - RESET
GPIO[8]  - SD CS:Chipselect
GPIO[38]  - LCD CS:Chipselect
SPI MO[35]  - SDI(MOSI):SPI data line
SPI MI[36]  - SDO(MISO):SPI data line
SPI SCK[37] - SCK:SPI clock line

Adafruit ILI9341 displays
$ pio lib install 571
Adafruit GFX Library
$ pio lib install 13
Adafruit BusIO
$ pio lib install 6214

ここでは、コーディングの要点のみの説明に留めます。

SPI接続で使用するピンを定義します
$ vi src/tinys2.ino
#define SPI_miso 36
#define SPI_mosi 35
#define SPI_sck 37
#define SPI_tft_ss 38
#define SPI_tft_dc 14
#define SPI_tft_rst 9
#define SPI_sd_ss 8

ILI9341の制御は簡単です。ILI9341インスタンスを生成します。
Adafruit_ILI9341 tft = Adafruit_ILI9341(SPI_tft_ss, SPI_tft_dc, SPI_mosi, SPI_sck, SPI_tft_rst, SPI_miso);

SDカードモジュールの制御に関しては、単に下記のようにコードを記述すると
if (!SD.begin(SPI_sd_ss)) {
 ......
実行時にエラーを吐いてしまいます
[ 1079][E][sd_diskio.cpp:126] sdSelectCard(): Select Failed
[ 1079][E][sd_diskio.cpp:789] sdcard_mount(): f_mount failed: (3) The physical drive cannot work
[ 1382][E][sd_diskio.cpp:126] sdSelectCard(): Select Failed

そこで、明示的にSPIClassのインスタンスを生成して利用します
SPIClass SDSPI(HSPI);

SDSPI.begin(SPI_sck, SPI_miso, SPI_mosi, -1);
pinMode(SPI_sd_ss, OUTPUT);

if (!SD.begin(SPI_sd_ss, SDSPI)) {

TinyS2 のSPIはHSPI、1系統のみです(Flash SPIを除く)。
Ref.ESP32S2, SD card

■PSRAM(擬似SRAM)
TinyS2 は、PSRAMを搭載していますが、PSRAM用のメモリー関数 ps_malloc()やps_calloc()を使用すると、コアを吐いてしまいます。
CORRUPT HEAP: Bad tail at 0x3ffde428. Expected 0xbaad5678 got 0x20736563
ESP32-S2ブランチを使用する場合、メインメモリにPSRAMがマップされているため、大きなメモリの割り当ては自動的に外部PSRAMに割り当てられます。
したがって、メモリー確保は通常のメモリー関数 malloc(), calloc()を使用します。
Ref.How to use PSRAM with tasks #4210

TinyS2では、PSRAMを使用できるため、SPIフラッシュファイルシステムをスワップ領域的に使うことはしませんが、一応触れておきます。

■LittleFS
現時点でSPIFFSライブラリーは、ESP32S2をサポートしていません。 SPIFFSは非推奨で将来的に削除される予定であることから、onboard FLASH ファイルシステムとして、LittleFSライブラリーを用います。
・LittleFSの方がSIPFFSより何倍も高速
・LittleFSがファイル名として使用出来のは31文字
・SPIFFSではパス名をファイル名に含める無階層ファイル群としてフラットに扱っていましたが、LittleFSではdirectoryをサポートしています
Ref.ESP8266 Arduino Core - Filesystem

SPIFFS→LittleFSへのソースコードの変更点
Ref.espressif/arduino-esp32/libraries/LITTLEFS/

#include <SPIFFS.h>
#define FORMAT_SPIFFS_IF_FAILED true
void setup(){
 if(!SPIFFS.begin(FORMAT_SPIFFS_IF_FAILED)){
 ↓
#include <LITTLEFS.h>
#define FORMAT_LITTLEFS_IF_FAILED true
void setup(){
 if(!LITTLEFS.begin(FORMAT_LITTLEFS_IF_FAILED)){

■ちょっとだけ画像変換

最後にモノクロ画像をセピア化してみました。 モノクロ画像に係数を掛けて変換します。
R' = R;
G' = G * 0.8;
B' = B * 0.55;

サンプル画像には渡邊安治さんの写真集「AKAI HANA」のカバー写真を使わさせていただきました。

渡邊安治写真展 「AKAI HANA」
2008年11月 8日(土)~11月22日(土)
12:00-18:00 日木休廊
ギャラリーミリュウ


画像変換の様子はYouTube動画をご覧ください。


画像変換処理の際には、ポインターが使えるC言語は重宝します。 メインメモリにPSRAMがマップされているESP32-S2 は、メモリー空間の操作性が向上しています。 USB CDC(Universal Serial Bus Communications Device Class)が機能改善されればかなり評価の高いボードとなると思います。

■参考文献
Unexpected Maker TinyS2 - CircuitPython
小型のESP32モジュール「TinyPico」
TinyPICO A tiny, mighty ESP32 development board
LittleFS
 Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。
2020.05.28 画像処理 第1回トイカメラ
2020.06.09 画像処理 第2回カメラモジュール制御
2020.06.28 画像処理 第3回リアルタイムクロック
2020.07.08 画像処理 第4回電源回路
2020.10.27 画像処理 第5回自作デジカメ初号機完成
2020.11.10 画像処理 第6回ドーナツデジカメ
2021.05.16 画像処理・基本変換
2021.06.26 Unexpected Maker TinyS2
2021.07.10 M5Stackアプリの移植
2021.09.18 FeatherS2 ESP32-S2


ニーア オートマタ PLAY ARTS改 <ヨルハ 二号 B型 DX版> PVC製 塗装済み可動フィギュア
「NieR:Automata」より、ヨルハ二号B型こと2BがPLAY ARTS改に新たに登場! 高級感の感じられるコスチュームや髪の質感、洗練されたボディバランス、細かなデティールに至るまでこだわり抜かれた逸品。 DX版には通常版のラインナップに加え2Bの随行支援ユニット ポッド042などをはじめ“純白の美しい太刀"白の約定やエフェクトパーツ、自爆モードを再現できる換装用ボディパーツ、シーンに合わせて変えられる顔パーツ2種も付属する豪華な仕様に。 作中のあらゆるシーンを再現することが可能なファン必見の一品となっている。

DIPスイッチで動作電圧を3.3Vと5Vに切り替えられるUNO互換ボード
KEYESTUDIO Plus Board for Arduino UNO R3 with Type-C USB Cable, 3.3V 5V 1.5A Output Current, More Powerful Controller Board USB-シリアルチップ:CP2102 / 動作電圧:5Vまたは3.3V(DIPスイッチ制御)/ 外部電源:DC 6-15V(9V推奨)/ デジタルI / Oピン:14(D0〜D13)/ PWMチャネル:6(D3 D5 D6 D9 D10 D11)/ アナログ入力チャネル(ADC):8(A0-A7)/ DC出力機能の各I / Oポート:20 mA / 3.3Vポートの出力能力:50 mA / フラッシュメモリ:32 KB(うち0.5 KBはブートローダーによって使用されます)/ SRAM:2 KB(ATMEGA328P-AU)/ EEPROM:1 KB(ATMEGA328P-AU)/ クロック速度:16MHz / オンボードLEDピン:D13

エレクトロクッキー Leonardo R3 ATmega32u4 ボード DIY Arduino工作用 - ピンクエディション


Newtonライト2.0 ベイズ統計
ベイズ統計は,結果から原因を推定する統計学です。AIや医療などの幅広い分野で応用されています。その基礎となるのは18世紀に考えだされた「ベイズの定理」です。 この本では,ベイズ統計学のきほんをやさしく紹介していきます。

Interface 2021年10月号
☆特集:~ 格好良さアップ! 機能&信頼性アップ ! ~「 3Dプリンタ & メカ設計入門 」
☆特集2:Pico達人への道…「 C/C++でMicroPython拡張 」


トランジスタ技術 2021年9月号
☆特集:~ 直流・交流・非接触・センサ微小電流の測定ノウハウ ~「電流を正しく測る技術」

トランジスタ技術スペシャル 2021年7月号 宇宙ロケット開発入門
これから開発・活用が進むと期待されている宇宙空間への交通・物流インフラとして、小型・低価格ロケットが注目を集めています。本書では、基本構造から制御メカニズムまで、小型宇宙ロケット開発の基礎知識を実例を交えて解説します。

日経Linux 2021年9月号
【特集1】おうち時間をLinuxデスクトップで楽しむ! Linux環境を作るワザ
【特集2】徹底図解で丸わかり! 「WSL2」入門   Windows 11の新機能を速報!
【特集3】IT自動化ツール AnsibleでWeb導入を自動化
【特集4】ラズパイで楽しむLinuxライフ 「今、会議中」と家族に伝えるプレートをPythonで作ろう


ラズパイマガジン2021年秋号
特集1 サクッと動くパーツ&ライブラリ総覧
特集2 ArduinoライブラリでラズパイPicoを動かす
特集3 古いラズパイをフル活用! Node-REDで 楽しい電子工作
特集4 空気の汚れをラズパイで検知しよう
特集5 ラズパイで楽しむLinuxライフ
特集6 NVIDIAのAIボードが6000円台に!
特集7 M5StickCで始める電子工作 iPhoneからサーボモーターを制御しよう


トランジスタ技術スペシャル 2021年 4月号 No.154「達人への道 電子回路のツボ」
初学者が実用的な電子回路を設計できるようになるためのポイントをまとめました。学校の教科書だけではつかめない基本電子回路やOPアンプ/トランジスタの使い方の実際を、いろいろな視点から解説しています。


Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品
【仕様概要】CPU:ARM 1.2GHz 4コア、GPU:2コア 3D・動画支援、RAM:1GB、ネットワーク:LAN/Wi-Fi/Bluetooth、インターフェース:USB/HDMI/オーディオ/GPIO(UART/I2C/I2S/SPI...)。

ELEGOO Arduino用 Nanoボード V3.0 CH340/ATmega328P、Nano V3.0互換 (3)


ESPr Developer 32
スイッチサイエンス(Switch Science)

協和ハーモネット UL1007 AWG24 耐熱ビニル絶縁電線 リール巻 100m 黒


白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御はんだ吸取器 ハンディタイプ FR301-81


サンハヤト TTW-203 テストワイヤ
ブレッドボードとスルーホール間の接続に便利なワイヤですブレッドボード用のオスピンと基板のスルーホール用のバネ性のある端子を組み合わせたテストワイヤです

無水エタノールP 500mlx2個パック(掃除)


ケイバ(KEIBA) マイクロニッパー MN-A04


熱収縮チューブφ1.5
印字無しで綺麗☆ シュリンクチューブ 絶縁チューブ 防水 高難燃性 収縮チューブ (2m, ブラック(黒))


サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード


白光(HAKKO) HEXSOL 巻はんだ 精密プリント基板用 150g FS402-02


【Amazon.co.jp限定】エーモン 電工ペンチ 全長約255mm (1452)


[Amazon限定ブランド]【指定第2類医薬品】PHARMA CHOICE 解熱鎮痛薬 解熱鎮痛錠IP 100錠


Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.