HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2021-01-25 (Mon) Today's Access : 52 Total : 240482. Since 10 Sep. 2019

RaspberryPiとArduinoを連携する【USBシリアル】
2019.12.26

YouTube 動画でポイントを説明しています。
上記画像をクリックすると再生できます。

今回は、PlatformIOを用いて、Arduiono の開発環境を構築します。 PlatformIOは、ESP32やArduinoなど、様々な組込みデバイスを対象とした統合開発環境です.

構成図では、Raspberry Pi Zero W に Raspbian Stretch Lite をインストールしてあります。 Zero は Wifi経由で、SSH接続によりパソコンから制御しています。

ちょっとしたシールドのテストであれば、Arduino Nano をブレッドボードに挿して、Raspberry Pi Zero WとUSB接続して、 シリアル通信すれば足りてしまいます。


■pythonのインストール
まずは、python3-pip をインストールします。pip は、Pythonパッケージのインストールなどを行うユーティリティです。
$ sudo apt install python3-pip
$ pip3 --version
pip 9.0.1 from /usr/lib/python3/dist-packages (python 3.5)
■platformioをインストール
$ sudo pip3 install -U platformio
※platformioインストール時に短縮コマンドとしてpioも設定されます。

$ platformio --version
This system supports the C.UTF-8 locale which is recommended.
You might be able to resolve your issue by exporting the
following environment variables:

    export LC_ALL=C.UTF-8
    export LANG=C.UTF-8
上記のようなエラーが発生した場合には、現在のロケール確認します
$ locale
LANG=
LANGUAGE=
.........
対応しているロケール一覧を表示します
$ locale -a
C
C.UTF-8
POSIX
en_GB.utf8
$ sudo raspi-config
4.Locatisation Options
  → I1 Change Locale
  → ja_JP.UTF-8 UTF-8
  → ja_JP.UTF-8
  

Generating locales (this might take a while)...
  en_GB.UTF-8... done
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.
再度、ロケール一覧を表示します
$ locale -a
C
C.UTF-8
POSIX
en_GB.utf8
ja_JP.utf8
設定を反映させます
$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

確認します
$ cat /etc/default/locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=ja_JP:ja
ログインし直します
$ locale (あるいは $ localectl status)
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=ja_JP:ja
....
$ platformio --version
PlatformIO, version 4.1.0
■platformioのPATH の確認

$ echo $PATH
/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:
/usr/local/games:/usr/games

$ which platformio
/usr/local/bin/platformio

PATHが通っていない場合は
$ echo 'export PATH=${PATH}:/usr/local/bin' >> ~/.bashrc

■udevの設定 (Ubuntuのみ)

dialoutグループに自分を追加します。
$ cat /etc/group | grep dialout
dialout:x:20:pi

$ sudo usermod -a -G dialout ${USER}
※Raspbianの場合、ユーザ pi は既に含まれているので、実際には必要ありません

■udev rulesの設定

platformioが、動的にデバイスを管理するために、ルールファイルを追加します。

$ cd /etc/udev/rules.d
$ ls
99-com.rules

$ sudo wget https://raw.githubusercontent.com/platformio/platformio-core/develop/scripts/99-platformio-udev.rules

$ ls
99-com.rules 99-platformio-udev.rules

$ sudo udevadm control --reload-rules

■利用できるボードの確認

$ platformio boards

$ platformio boards "arduino uno" ← 絞り込みたい場合
Platform: atmelavr
---------------------------------------------------------------------
ID                 MCU          Frequency  Flash   RAM    Name
---------------------------------------------------------------------
uno                ATMEGA328P   16MHz     31.50KB 2KB    Arduino Uno
$ platformio boards "arduino nano"
Platform: atmelavr
----------------------------------------------------------------------
ID                 MCU        Freq.  Flash RAM  Name
----------------------------------------------------------------------
nanoatmega168      ATMEGA168  16MHz  14KB  1KB  Arduino Nano ATmega168
nanoatmega328      ATMEGA328P 16MHz  30KB  2KB  Arduino Nano ATmega328
nanoatmega328new   ATMEGA328P 16MHz  30KB  2KB  Arduino Nano ATmega328
                                                  (New Bootloader)
$ platformio boards "Leonard"
Platform: atmelavr
---------------------------------------------------------------------
ID               MCU        Freq.  Flash  RAM    Name
---------------------------------------------------------------------
leonardo         ATMEGA32U4 16MHz  28KB   2.50KB Arduino Leonardo
leonardoeth      ATMEGA32U4 16MHz  28KB   2.50KB Arduino Leonardo ETH

Arduino Nano と Raspberry Pi Zero W をUSB接続します。

■シリアルデバイスの確認
$ platformio device list
/dev/ttyUSB0
------------
Hardware ID: USB VID:PID=1A86:7523 LOCATION=1-1
Description: USB2.0-Serial

/dev/ttyAMA0
------------
Hardware ID: 20201000.serial
Description: ttyAMA0
Arduino Nano が /dev/ttyUSB0 として認識されているのがわかります。

■プロジェクトの作成
$ mkdir -p /home/pi/Arduino/sample
$ cd /home/pi/Arduino/sample

$ platformio init

/home/pi/Arduino/sample
                   ├── .gitignore
                   ├── .travis.yml
                   ├── include/
                   ├── lib/
                   ├── platformio.ini
                   ├── src/
                   └── test/

$ cat platformio.ini

;PlatformIO Project Configuration File
;
;   Build options: build flags, source filter
;   Upload options: custom upload port, speed and extra flags
;   Library options: dependencies, extra library storages
;   Advanced options: extra scripting
;
; Please visit documentation for the other options and examples
; https://docs.platformio.org/page/projectconf.html
オプションを付けずに init コマンドを実行すると platformio.ini には実際の設定は追加されません。
Arduino Nano を指定して実行してみます。
$ platformio init -b nanoatmega328

$ cat platformio.ini

;PlatformIO Project Configuration File
;
;   Build options: build flags, source filter
;   Upload options: custom upload port, speed and extra flags
;   Library options: dependencies, extra library storages
;   Advanced options: extra scripting
;
; Please visit documentation for the other options and examples
; https://docs.platformio.org/page/projectconf.html

[env:nanoatmega328]
framework = arduino
board = nanoatmega328
platform = atmelavr
Arduino Uno を指定して実行してみます。
$ platformio init -b uno

$ cat platformio.ini

;PlatformIO Project Configuration File
;
;   Build options: build flags, source filter
;   Upload options: custom upload port, speed and extra flags
;   Library options: dependencies, extra library storages
;   Advanced options: extra scripting
;
; Please visit documentation for the other options and examples
; https://docs.platformio.org/page/projectconf.html

[env:nanoatmega328]
framework = arduino
board = nanoatmega328
platform = atmelavr

[env:uno]
platform = atmelavr
framework = arduino
board = uno
■L チカ・プログラム
$ vi src/led.ino
void setup() {
  pinMode(13, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(13, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(13, LOW);
  delay(1000);
}
ino ファイル名は、プロジェクトディレクトリ名と一致する必要はありません。
ただし、複数のinoファイルをsrcディレクトリに配置した際、void setup()関数が複数存在すると、ビルド時にエラーになります。
/home/pi/Arduino/sample/src/SerialMonitor.ino: In function 'void setup()':
/home/pi/Arduino/sample/src/SerialMonitor.ino:2:6: error: redefinition of 'void setup()'

$ platformio run
Processing nanoatmega328 (framework: arduino; board: nanoatmega328; platform: atmelavr)
.....
Processing uno (platform: atmelavr; framework: arduino; board: uno)
.....
Environment Status Duration
------------- -------- ------------
nanoatmega328 SUCCESS 00:00:38.913
uno SUCCESS 00:00:35.662

Nano と Uno に対して、それぞれビルドが実行されます。 特定の環境だけビルドしたい場合は -e オプションで指定します。

$ platformio run -e nanoatmega328
Processing nanoatmega328 (framework: arduino; board: nanoatmega328; platform: atmelavr)
.....
Environment Status Duration
------------- -------- ------------
nanoatmega328 SUCCESS 00:00:20.188
uno IGNORED

環境を指定しないで run コマンドを実行した時のデフォルトの環境を platfromio.ini で指定できます。

$ vi platformio.ini
[platformio]
default_envs=nanoatmega328

■アップロード

$ platformio run -e nanoatmega328 -t upload

複数の環境定義を列記してある場合に、環境指定を行わないで、アップロードしようとすると、 該当する環境(ここではnanoatmega328)はアップロードされますが、接続されていない Uno に関してはエラーとなります。

$ platformio run -t upload

Processing nanoatmega328 (framework: arduino; board: nanoatmega328; platform: atmelavr)
.....
avrdude done. Thank you.
========== [SUCCESS] Took 38.59 seconds ==========

Processing uno (platform: atmelavr; framework: arduino; board: uno)
....
avrdude: stk500_recv(): programmer is not responding
avrdude: stk500_getsync() attempt 1 of 10: not in sync: resp=0x00
.......


LEDが光ります(写真向かって一番左のLED)。

備考:Arduinoボード インジケーター
L:「DIGITAL 13番PIN」から電圧が出力されているときに点灯
TX:トランミッション、つまりデータを送信しているときに光る
RX:レセプション、つまりデータを受信しているときに光る

■ライブラリーを利用する


温湿度センサーDHT11を使用して「温度、湿度、体感温度」を取得します。

$ mkdir -p /home/pi/Arduino/dht11
$ cd /home/pi/Arduino/dht11

$ platformio init -b nanoatmega328
$ vi src/dht11.ino

#include "DHT.h"

#define DHTPIN 2
#define DHTTYPE DHT22
DHT dht(DHTPIN, DHTTYPE);

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  Serial.println(F("DHT11 test!"));

  dht.begin();
}

void loop() {
  delay(2000);

  float humidity    = dht.readHumidity();
  float temperature = dht.readTemperature();
  float heatIndex   = dht.computeHeatIndex(temperature, humidity, false);
  if (isnan(humidity) || isnan(temperature) || isnan(heatIndex)) {
    Serial.println("Failed to read from DHT sensor!");
    return;
  }

  Serial.print("Humidity:");
  Serial.print(humidity);
  Serial.print("%  Temperature:");
  Serial.print(temperature);
  Serial.print("°C Heat index:");
  Serial.print(heatIndex);
  Serial.println("°C");
}
DHT系の専用ライブラリを使用しています
https://github.com/adafruit/DHT-sensor-library

$ platformio run
/home/pi/Arduino/dht11/src/dht11.ino:1:17: fatal error: DHT.h: No such file or directory

*************************************************************
* Looking for DHT.h dependency? Check our library registry!
*
* CLI > platformio lib search "header:DHT.h"
* Web > https://platformio.org/lib/search?query=header:DHT.h
*
*************************************************************

DHT.h がないので、エラーとなりますが、親切にライブラリの探し方を教えてくれてます。

■ライブラリのインストール

$ platformio lib search "header:DHT.h"
Found 16 libraries:

DHT sensor library
==================
#ID: 19
Arduino library for DHT11, DHT22, etc Temp & Humidity Sensors

Keywords: sensors
Compatible frameworks: Arduino
Compatible platforms: Atmel AVR, Atmel SAM, Espressif 32, Espressif 8266, GigaDevice GD32V, Infineon XMC, Intel ARC32, Kendryte K210, Microchip PIC32, Nordic nRF51, Nordic nRF52, ST STM32, ST STM8, Teensy, TI MSP430
Authors: Adafruit
......

16個のライブラリーが登録されていて、一番最初に見つかりました。
表示されているIDを用いて、さらに詳しい情報を確認してみます。
$ platformio lib show 19
.....
ライブラリーをインストールします。
$ platformio lib install 19
Library Storage: /home/pi/Arduino/dht11/.pio/libdeps/nanoatmega328
LibraryManager: Installing id=19
DHT sensor library @ 1.3.8 has been successfully installed!
ライブラリーのホルダーが生成されています。
$ ls /home/pi/Arduino/dht11/.pio/libdeps/nanoatmega328
DHT sensor library_ID19

フォルダーの中を見てみます。
$ ls -al "/home/pi/Arduino/dht11/.pio/libdeps/nanoatmega328/DHT sensor library_ID19"
drwx------ 4 pi pi 4096 12月 20 20:39 .
drwxr-xr-x 3 pi pi 4096 12月 20 20:39 ..
drwxrwxr-x 2 pi pi 4096 12月 20 20:39 .github
-rw-rw-r-- 1 pi pi 67 11月 3 15:00 .gitignore
-rw-rw-r-- 1 pi pi 1144 11月 3 15:00 .library.json
-rw-rw-r-- 1 pi pi 679 11月 3 15:00 .travis.yml
-rw-rw-r-- 1 pi pi 1288 11月 3 15:00 CONTRIBUTING.md
-rw-rw-r-- 1 pi pi 11765 11月 3 15:00 DHT.cpp
-rw-rw-r-- 1 pi pi 2519 11月 3 15:00 DHT.h
-rw-rw-r-- 1 pi pi 6733 11月 3 15:00 DHT_U.cpp
-rw-rw-r-- 1 pi pi 3078 11月 3 15:00 DHT_U.h
-rw-rw-r-- 1 pi pi 4705 11月 3 15:00 README.md
drwxrwxr-x 4 pi pi 4096 12月 20 20:39 examples
-rw-rw-r-- 1 pi pi 529 11月 3 15:00 keywords.txt
-rw-rw-r-- 1 pi pi 353 11月 3 15:00 library.properties

環境設定ファイルにライブラリーを指定します。
$ vi platformio.ini
[env:nanoatmega328]
platform = atmelavr
framework = arduino
board = nanoatmega328
lib_deps =
  19
$ platformio run

.pio/libdeps/nanoatmega328/DHT sensor library_ID19/DHT_U.h:36:29: fatal error: Adafruit_Sensor.h: No such file or directory

*************************************************************
* Looking for Adafruit_Sensor.h dependency? Check our library registry!
*
* CLI > platformio lib search "header:Adafruit_Sensor.h"
* Web > https://platformio.org/lib/search?query=header:Adafruit_Sensor.h
*
*************************************************************

再度、ビルドを実行してみると、今度はDHTライブラリーが参照しているヘッダーファイルがないためにエラーになります。
同様にライブラリーを検索して、インストール、環境設定ファイルにライブラリーを追記します。

$ platformio lib search "header:Adafruit_Sensor.h"

Found 12 libraries:

Adafruit Unified Sensor
=======================
#ID: 31
Required for all Adafruit Unified Sensor based libraries.

Keywords: sensors
Compatible frameworks: Arduino
Compatible platforms: Atmel AVR, Atmel SAM, Espressif 32, Espressif 8266, Intel ARC32, Microchip PIC32, Nordic nRF51, Nordic nRF52, ST STM32, ST STM8, Teensy, TI MSP430
Authors: Adafruit
......
$ platformio lib install 31

Library Storage: /home/pi/Arduino/dht11/.pio/libdeps/nanoatmega328
LibraryManager: Installing id=31
Downloading  [####################################]  100%
Adafruit Unified Sensor @ 1.0.3 has been successfully installed!

$ vi platformio.ini
[env:nanoatmega328]
platform = atmelavr
framework = arduino
board = nanoatmega328
lib_deps =
  19
  31

複数のライブラリを指定する場合はライブラリごとに改行して記述します
$ platformio run -e nanoatmega328 -t upload

■platformio シリアルモニター
$ platformio device monitor -p /dev/ttyUSB0 -b 9600
--- Miniterm on /dev/ttyUSB0  9600,8,N,1 ---
--- Quit: Ctrl+C | Menu: Ctrl+T | Help: Ctrl+T followed by Ctrl+H ---
DHT11 test!
Humidity:40.00%  Temperature:21.60°C Heat index:16.73°C
Humidity:40.00%  Temperature:21.60°C Heat index:16.73°C
使用しているポートが1つの場合は、ポート指定をしなくても動くようですが、
$ platformio device monitor -b 9600
接続しているシリアルボートを確認して
$ platformio device list
明示的にポート指定したほうがよいと思います。
$ platformio device monitor -p /dev/ttyUSB0 -b 9600

■ライブラリーを削除する
$ platformio lib uninstall 19
Uninstalling DHT sensor library @ 1.3.8:        [OK]
■ビルドオプションを指定する
ESP8266はTCP/IPスタックとマイクロコントローラを備えたWi-Fiモジュールです。

https://github.com/itead/ITEADLIB_Arduino_WeeESP8266
ESP8266.h

たとえば ESP8266 というライブラリはソフトウェアシリアルを利用できますが、利用するにはマクロで ESP8266_USE_SOFTWARE_SERIAL という値が定義されていなければなりません。
#ifdef ESP8266_USE_SOFTWARE_SERIAL
    ESP8266(SoftwareSerial &uart, uint32_t baud = 9600);
#else /* HardwareSerial */
    ESP8266(HardwareSerial &uart, uint32_t baud = 9600);
#endif
このようなばあいには build_flags を使ってコンパイラにオプションを渡すことができます。
$ vi platformio.ini

[env:uno]
platform = atmelavr
board = uno
framework = arduino
lib_deps =
  ESP8266
build_flags = -D ESP8266_USE_SOFTWARE_SERIAL
これで ESP8266 に SoftwareSerial を渡すことができるようになります。

■共通変数の設定

任意の共通セクション名を用意して、各セクションが参照するようにします。
$ vi platformio.ini

[common]
lib_deps =
  19
  31
build_flags = -D ESP8266_USE_SOFTWARE_SERIAL

[env:nanoatmega328]
platform    = atmelavr
board       = nanoatmega328
framework   = arduino
build_flags = ${common.build_flags}
lib_deps    = ${common.lib_deps}

[env:uno]
platform    = atmelavr
board       = uno
framework   = arduino
build_flags = ${common.build_flags}
lib_deps    = ${common.lib_deps}
■基本コマンド
platformio update                  パッケージのアップロード
platformio upgrade                 パッケージのアップグレード
platformio boards                  ボード一覧表示
platformio init --board=<ボード名> プロジェクト作成
platformio run                     ビルド
platformio run --target=upload     ビルドとアップロード
platformio run --target=clean      クリーン
platformio device list            	シリアルポート一覧表示
platformio device monitor -p <デバイス> -b <ボーレート>	シリアルモニタ

【深層学習関連】
20.11.21 深層学習 第1回環境整備
20.12.19 深層学習 第2回マルコフ連鎖・自動歌詞生成
21.01.02 深層学習 第3回コード進行解析

【画像処理関連】

20.05.28 画像処理 第1回トイカメラ
20.06.09 画像処理 第2回カメラモジュール制御
20.06.28 画像処理 第3回リアルタイムクロック
20.07.08 画像処理 第4回電源回路
20.10.27 画像処理 第5回自作デジカメ初号機完成
20.11.10 画像処理 第6回ドーナツデジカメ
【音楽関連】

20.01.05 第1回 abcjs 楽譜作成・演奏スクリプト
20.01.09 I2S通信によるハイレゾ音源再生
20.01.18 MIDI再生:FM音源YMF825+Arduino編
20.01.24 FM音源YMF825+micro:bit編
20.02.13 Piano Hat & Rosegarden
20.06.22 波形処理 第1回 音の波と三角関数
20.07.22 波形処理 第2回 平均律と純正律
20.08.26 波形処理 第3回 黒鍵と白鍵
21.01.02 深層学習 第3回 コード進行解析
21.01.16 波形処理 第4回 コード演奏
【WEBサイト構築関連】

19.10.15 第1回 前準備
19.10.20 第2回 Ubuntu Server インストール
19.10.27 第3回 Ubuntu Server 詳細設定
19.10.28 番外編 無線LAN接続設定
19.11.02 第4回 Apache WEBサーバ設定
19.11.05 第5回 PHP 設定
19.11.10 第6回 MySQL 設定
19.11.11 第7回 DNS (bind) 設定
19.11.16 第8回 メールサーバ(Postfix)設定・前編
19.11.21 第9回 メールサーバ(Postfix)設定・後編
19.11.24 第10回 ファイアウォール(iptables) 設定
19.11.25 第11回 crontab 設定
19.12.01 第12回 運用準備
19.12.03 第13回 Windowsパソコンに開発環境を作る
19.12.05 第14回 WEBサーバー公開
19.12.10 第15回 動的サイト制作
19.12.11 第16回 簡単なアクセスカウンターを作る
20.03.04 TTGO-Camera による定点観測・WEB公開
【開発環境関連】

19.12.19 Raspbian Stretch LITE インストール
19.12.19 ファイル共有 dokany + Win-sshfs
19.12.26 Arduino開発環境構築 PlatformIO
【SNS関連】

20.03.18 テキスト読み上げ gTTS
20.04.24 Twitter-LINE連携によるビジネス活用
20.05.19 テキスト読み上げ AquesTalk pico LSI
【周辺機器関連】

20.01.01 1280x800 HDMI MONITOR
20.01.12 micro:bitをコマンドラインで使う
20.02.04 サーマルプリンタを使う
20.03.27 M5Stackキーボードを利用する
20.06.29 液晶キャラクターディスプレイLCD1602A
20.08.03 Seeeduino XIAO
20.08.09 LGT8F328P - Arduino clone
20.09.18 電流計測モジュール INA219
【その他】

19.12.13 モバイルバッテリーによる瞬間停電対策
20.02.04 電子組版 upLaTeX
20.04.10 電卓を制御して数字を表示する
20.05.06 箱庭回路 蓄電&昇圧回路
20.09.04 箱庭回路 センサーライト
20.09.29 シガーライターIC s090c
20.10.13 自動給水装置 LM393+NE555
20.12.05 FM放送受信 TEA5767

 トランジスタ技術 2021年1月号
特集: アナログ回路はノイズと闘う ~システムの性能を維持して安定な動作を実現するために~
Interface 2021年1月号
☆特集 Jetson/ラズパイ/PCで自習 Python画像処理100 ☆特別付録:コンピュータ手帳2021
日経Linux 2021年 1月号
★超保存版・冊子付録   Ubuntu完全対応 Linuxコマンド逆引き大辞典   264項目 ★付録DVD 特集連動2本入り「Ubuntu 20.10 日本語Remix」「Ubuntu Server20.10」
ラズパイマガジン2020年12月号
温度、距離、におい、圧力など、さまざまな種類のセンサー350種類を一挙に紹介します。特性や価格を示した一覧表を用意したので、用途に合った適切な製品を選べます。そのうちの34種類のセンサーは、仕組みから配線図まで図解で分かりやすく解説します。
15Stepで踏破 自然言語処理アプリケーション開発入門
エンジニアの実務に役立つ知識に絞り、独自に15の学習ステップを体系化しました。 数値計算にNumPy、形態素解析にMeCab、機械学習にscikit-learn、ディープラーニングに Keras等を使い、Pythonのコードを記述し動かしていきます。
プログラミング・ビットコイン ―ゼロからビットコインをプログラムする方法

Linuxサーバーがゼロから作れる本
このLinuxを使いこなす上で一番手っ取り早いのが自分でLinuxサーバーを構築してみることです。 WindowsやMacのパソコンしか使ったことが無い人でも理解できるよう、 しくみや手順の解説を丁寧にまとめ上げた、ゼロからのサーバー入門ガイドです。

Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品
【仕様概要】CPU:ARM 1.2GHz 4コア、GPU:2コア 3D・動画支援、RAM:1GB、ネットワーク:LAN/Wi-Fi/Bluetooth、インターフェース:USB/HDMI/オーディオ/GPIO(UART/I2C/I2S/SPI...)。

Arduino Nano
ATmega328搭載/ 動作電圧: 5V/ 入力電源電圧(推奨):7~12V/ デジタル入出力ピン: 14本/ PWMチャンネル: 6本/ アナログ入力チャンネル: 8本/ 直流電流(1ピン当り最大): 40 mA/ 直流電流(3.3Vピン、1ピン当り最大): 50 mA/ Flashメモリ: 32 KB (ATmega328) 内2KBはブートローダーで使用/ SRAM: 2 KB (ATmega328)/ EEPROM: 1 KB (ATmega328)/ Clock Speed: 16 MHz
逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典
機能が豊富で、速度・アナログ制御・省電力性・コストの面でもアドバンテージをもつPICマイコン。そんなPICマイコンの使い方を、目的別にやりたいことから引ける、逆引きタイプのガイドブックです。
C言語による PICプログラミング大全
2002年に初版、2009年に第2版を発売した名著『C言語によるPICプログラミング入門』 が大幅リニューアルし「大全」として生まれ変わりました。 本書では、機能豊富なPIC16F1シリーズを使いこなすために、統合開発環境を MPLAB X IDEに、CコンパイラはMicrochip Technology社純正のXC8に、それぞれ変更しました。 C言語でPICマイコンのプログラミングを始めたい方から、最新のPICマイコンの機能をとことん使い倒したい方まで、必ず役に立つ1冊です。
PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック
「PICマイコン+Raspberry Pi3B」という組み合わせで、高機能な電子工作を簡単に実現し、電子工作を各段に高度化する方法について解説していきます。
ESP32&Arduino 電子工作 プログラミング入門
電子工作ファンに人気のマイコンArduino、そしてWiFiとBluetooth内蔵でネットワーク接続しやすいESP32。それらのマイコンでプログラムを組む際に使うのが「Arduino言語」です。
超特急Web接続!ESPマイコン・プログラム全集
IoT技術の回路とプログラムを解説しました. トランジスタ技術2016年9月号と2017年3月号の特集に 最新の情報を加筆して一冊に仕上げました. 回路とプログラムのサンプル資料として最適です. ラズベリー・パイやIchigoJamを連動させた例も紹介しています
M5Stack用カード型キーボードユニット
M5Stackにフル機能のQWERTY配列キーボードを実装できるユニットです。複数のボタンの組み合わせ(Sym + Key、Shift + Key、Fn + Key)や豊富なキーの値を出力することが可能です。
Ubuntu サーバー徹底構築
サーバー用UbuntuでLinuxサーバーを構築しよう! 導入からLinuxやコマンドの基本、各種サーバー構築、バックアップやストレージ管理まで! サーバー用Linuxディストリビューションとして定評のあるUbuntu Serverの中でも、 10年長期サポート版であるUbuntu Server 18.04 LTSに対応!
[改訂第3版]Linuxコマンドポケットリファレンス
本書はLinux操作に必要なコマンドを収録したポケットリファレンスです。機能別にコマンドを分類し、各コマンドページでは書式/使用例などをコンパクトにまとめています。またアルファベット順索引も用意しており、名前しかわからなくてもすぐに目的のコマンドを探すことができます。今回の改訂では仮想化、データベース、クラウド時代に対応したネットワークコマンドなどを追加しています。おもなLinuxディストリビューションのCentOS、Fedora、Debian GNU/Linux、Ubuntuに対応し、初心者から上級者まで必携の1冊です。
できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応
番のApache独学書を改訂しました! CentOS、Ubuntu、Windows、Mac OS Xに対応しています。できるPROシリーズは、実際の画面や詳細なイラスト、概念図などで構成。 はじめての方でも理解しやすくなっています。 インストール、アクセス制限、CGI、モジュール拡張、ログ管理など、基本的なことから実践的なことまでていねいに解説しています。
[改訂第3版]PHPポケットリファレンス
PHPを利用したいすべての方必携の「PHPポケットリファレンス」最新版がついに登場! PHP 5/4による開発の際によく利用される機能を集約し、必要な知識を目的別、逆引きでまとめました。PHP5.3以降を対象とし、PHP4からある機能はPHP4でも利用できることがわかるようになっています。またオブジェクト指向型のAPI解説を大幅に強化。開発の現場には1冊置いておきたい書籍です。
MySQL ポケットリファレンス
MySQLはさまざまなWebサービスの中核を担うデータベースです。本書はMySQLの基礎的な内容を中心に、日常的によく使うちょっとしたコマンドや、外部管理ツールとの連携など、MySQLの管理/運用にあたって便利な情報を素早く探し出すことができます。MySQL自体の操作、MySQL特有のコマンド、MySQL専用管理ツール、PHPからの操作など、MySQLを実際に使っているユーザーに役立つ内容となっています。
Postfix詳解―MTAの理解とメールサーバの構築・運用
電子メールの配送システムの中核を担うプログラム「MTA」(Message Transfer Agent)のひとつが、「Postfix」です。 この全容を記した本です。 すところなく解説していきます。
DNSがよくわかる教科書
本書では、DNSの仕組みから、ドメイン名のルール、主なリソースレコードの内容、コマンドによる動作確認、DNSの運用ノウハウ、DNSSECの基礎知識まで、順を追ってやさしく解説します。

Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.