HOME | Raspberry Pi | ビジネス書籍紹介 | 2021-03-08 (Mon) Today's Access : 257 Total : 262528. Since 10 Sep. 2019

 TweLite Neural Network 第1回環境設定
2021.02.27


YouTube でも紹介しています。画像をクリックすると再生できます。

今回は、大手SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に頼らずに情報を伝達・公開する手段を考察してみました。
第1回では、無線機能内蔵マイコン TWE-Lite(トワイライト)とラズベリーパイとの間でのシリアル通信を確立します。

■TWE-Lite-Dip(トワイライトディップ)
TWE-Lite(トワイライト)はモノワイヤレス株式会社から販売されている無線機能を内蔵したマイコンです。 IEEE802.15.4規格の2.4GHz帯を利用して通信します。技適も取得済みです。

TWE-Lite-Dip-WA
無線規格:IEEE802.15.4
送信出力:2.5dBm
受信感度:-95dBm
送信電流:15mA
受信電流:17mA
スリープ電流:0.1μA(ディープスリープ)
動作電圧:2.3~3.6V
動作温度:-40~85℃
電波認証:ARIB STD-T66(技適)
モノワイヤレス株式会社
発売日 2013/06/12

TWE-Lite-Dip には、Blue(1mW)と高出力タイプRed(10mW)の2種類の製品があります。 限界通信距離(障害物や電波ノイズが無い理想的な空間)はBlueで1Km、Redで3Kmになります。 実用的な通信距離はその1/3~1/4程度かと思われます。 マッチ棒のようなアンテナが付いているので、ここではマッチ棒基地局と呼ぶことにします。

このマッチ棒基地局をニューラルネットワークのように張り巡らせることにより、情報の伝達を行います。 これを、TweLite Neural Network(トワイライト・ニューラルネットワーク)と名付けました。
具体的なマッチ棒基地局はTWE-Lite-DIPとRaspberry Piが対になって構成されており、 ニューラルネットワーク上を流れるデータの監視制御および自らのコンテンツの発信を行います。
さらに、Raspberry Pi をGateway Server として活用することにより、遠隔地に存在するマッチ棒基地局とをインターネットを介して ダイレクトに結び付けます。
また、基地局を持たない一般の方でも、Raspberry Pi をWEBサーバーとした情報の閲覧・投稿も可能です。
実現するためには多くの方の参加が必要になりますので、あくまで構想として捉えてください。

■TWE-Lite入門
基礎から説明するのは無理なので、下記のような書籍を参考にしてください。
※この書籍は現在の設定と異なっている箇所があります。
TWE‐Lite(トワイライト)ではじめるカンタン電子工作―「無線システム」が「つなぐ」だけで出来る! (amazon)
TWE‐Liteでの無線回路の基本からはじめます。パソコンと組み合わせて使う応用として、「音声合成LSIで喋らせる」「液晶モジュールに文字を表示する」例から、TWE‐LiteのマイコンのROMを書き換えて、「離れた場所のMIDI音源を鳴らす」「マトリックスLEDに文字を表示する」といった例まで紹介します。

■テスト環境構築
テストには2個の TWELITE DIP が必要です。 Raspberry Pi Zero WH を使用する場合は、 1つ目のTWELITEには、GPIO端子を用いて、UART接続、2つ目のTWELITEはUSB端子を用いて,USB-シリアル変換モジュールを介して接続します。

TWELITE R2 はTWELITE DIPなどのROM書換えに使用しますが、USB-シリアル変換としても利用できます。

TWELITE R2 (トワイライターR2) DIP/PAL/2525用USBアダプター
モノワイヤレス社の無線モジュール。 TWELITE DIP/PAL/2525に書き込まれたアプリの詳細設定(インタラクティブモード)や書き換えに使用します。 USBデバイスドライバ(FTDI)がWindows、Linux、Mac OS X、Android等の主要OSに対応しています。 USBコネクタはType-Cになっています。

■UART(Universal Asynchronous Receiver/Transmitter/ユーアート)の有効化
ラズベリーパイには、高機能なPL011とmini UARTの2つのシリアル通信機能があります。
$ ls -l /dev/serial*
lrwxrwxrwx 1 root root 5 1月 20 17:19 /dev/serial0 -> ttyS0
lrwxrwxrwx 1 root root 7 1月 20 17:19 /dev/serial1 -> ttyAMA0

初期状態では、Mini UARTがGPIO14,15にマッピングされています。 PL011に対してmini UARTには次のような機能制限があります。
・ブレークを検出できない
・フレームエラーを検出できない
・パリティビットを使えない
・タイムアウト割り込みを使えない
・DCD, DSR, DTR, RI信号がない

高機能なUART機能PL011をGPIO14,15にマッピングします。
$ sudo vi /boot/config.txt
# Enable UART
#enable_uart=1
dtoverlay=pi3-miniuart-bt, core_freq=250

$ sudo reboot

$ ls -l /dev/serial*
lrwxrwxrwx 1 root root 7 1月 30 11:07 /dev/serial0 -> ttyAMA0
lrwxrwxrwx 1 root root 5 1月 30 11:07 /dev/serial1 -> ttyS0
PL011 UARTがGPIO14,15にマッピングされ、高機能なUART機能が使用可能になります。

ちなみに、Raspberry Pi 4 では、PL011が4つ追加され、全部で5つあります。

■シリアルコンソールの無効化
/dev/ttyAMA0 や /dev/ttyS0 は、 consoleとししても使われているため、無効化しないと、オンチップのUARTを利用できません。

$ sudo vi /boot/cmdline.txt
console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=c6941854-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles
console=serial0,115200 という部分だけを削除します。

■シリアルライン監視の無効化
gettyが/dev/ttyAMA0や/dev/ttyS0を監視して、横取ろうとするので無効化します。

$ sudo systemctl stop serial-getty@ttyAMA0.service
$ sudo systemctl disable serial-getty@ttyAMA0.service
$ sudo reboot

■シリアル通信のフロー制御
今回は関係ないのですが、シリアル通信のハードウェア・フロー制御も有効にしておきます。

$ sudo vi /etc/rc.local
....
gpio -g mode 16 alt3 ← 追加

exit 0

$ sudo sh /etc/rc.local

■TWE-Lite DIP ピン配置


■シリアル通信用配線
ラズベリーパイと、TweLite DIP を接続します。


RasPi - TWELite
3v3 [1] - [28] VCC
GND [6] - [1] GND
TXD [8] - [3] RX
RXD [10] - [10] TX


TweLite DIP を基板上に配置して、配線を引き出しています。


あとで、TweLite R2 を使って、TweLite DIPへのROMの書き換えを行うので、TweLite DIPは基板にはハンダ付けしません。
TweLite DIP のピンを基板のスルーホールに通して後ろ側でそのピンをメスピンケーブルで基板上の端子と接続しています。

■超簡単!標準アプリ(App_Twelite)

工場出荷時には、超簡単!標準アプリ(App_Twelite)がROMに書き込まれています。
TweLiteに付属しているデジタルポート、アナログポート、シリアル、I2C端子にセンサー類を繋いで、TweLite同士での制御が可能です。

TWE-Lite Neural Networkにはこのアプリは使用しませんが、接続確認のために、アプリにアクセスしてインタラクティブ・モードに切り替えてみます。

TweLite とのシリアル通信には、PlatformIOのdevice monitorを使っていますが、minicomなどでも構いません。

$ pio device monitor -p /dev/ttyAMA0 -b 115200
--- Miniterm on /dev/ttyAMA0 115200,8,N,1 ---
--- Quit: Ctrl+C | Menu: Ctrl+T | Help: Ctrl+T followed by Ctrl+H ---
[ENTER] ← TweLiteとの接続直後になにも入力せずに[ENTER]キーを押します
※インタラクティブモードに切り替わらない場合には、+++と打ち込んでみてください。

?[2J?[H--- CONFIG/MONO WIRELESS TWELITE DIP APP V1-08-1/SID=0x81xxxxxx/LID=0x00 ---
a: set Application ID (0x67720102)
i: set Device ID (--)
c: set Channels (18)
x: set Tx Power (03)
t: set mode4 sleep dur (1000ms)
y: set mode7 sleep dur (10s)
f: set mode3 fps (32)
z: set PWM HZ (1000,1000,1000,1000)
o: set Option Bits (0x00000000)
b: set UART baud (38400)
p: set UART parity (N)
---
S: save Configuration
R: reset to Defaults

インタラクティブモードでは、アプリの詳細設定を行うことができます。
[Ctrl]+[c]で抜けます。

■TWE-Lite ROMの書き換え

TWE-Lite出荷時には。「超簡単!TWE標準アプリ」がインストールされています。 これを「シリアル通信専用アプリ」に書き換えます。
シリアル通信アプリ(App_UART)
モノワイヤレスから提供されている「シリアル通信アプリ(App_Uart)」は、UART(シリアル)通信に特化したアプリケーションです。 シリアル通信アプリ(App_Uart)では、通信の用途や目的にあわせて、チャットモード、透過モード、書式モードがあります。 今回は透過モードを使用します。

詳細 → MONO WIRELESS 透過モード


左側のROMライター・TWELiteR2 に TWELite DIP を差し込みます。


TweLite の Type-CのUSB端子とラズパイをケーブルで接続します。

TWELITE STAGE(トワイライトステージ)ダウンロード
TWELITE STAGEはTWELITEを動作させるためのアプリのビルド、書換、設定、そして、データを表示する機能を統合した評価開発環境です。
TWELITE STAGE APPはTWELITE STAGE SDKに含まれています。まずはTWELITE STAGE SDKをダウンロードします。

Raspberry Pi版 TWELITE STAGE のダウンロード
$ mkdir ~/TWELITE
$ cd ~/TWELITE
$ wget https://mono-wireless.com/download/stage/MWSTAGE-2020-12_raspi.zip
$ sudo apt install unzip
$ unzip MWSTAGE-2020-12_raspi.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると必要なファイルが一式入ったMWSTAGEというフォルダができます。
$ cd MWSTAGE
$ ls -l
drwxr-xr-x 2 pi pi    4096 12月  2 21:22 BIN
drwxrwxr-x 9 pi pi    4096 12月  4 12:39 MWSDK
drwxr-xr-x 4 pi pi    4096 12月  7 08:16 TWELITE_Stage
-rwxr-xr-x 1 pi pi 8698956 12月  7 08:15 TWELITE_Stage.run
-rw-r--r-- 1 pi pi    3840 10月 12 16:28 TWELITE_Stage.sav
drwxr-xr-x 4 pi pi    4096 12月  7 08:16 Tools
drwxr-xr-x 2 pi pi    4096 11月 20 18:24 log
-rwxr-xr-x 1 pi pi    1516 12月  4 16:53 readme-j.txt
$ cd ~/TWELITE/MWSTAGE/TWELITE_Stage/INSTALL/raspi
$ sudo ./set_udev_sudo.sh
### copy udev rule file 51-ftdi.rules.
'51-ftdi.rules' -> '/etc/udev/rules.d/51-ftdi.rules'
### reload udev rules.

$ cd ~/TWELITE/MWSTAGE
$ sudo ./TWELITE_Stage.run
TWELITE_Stage.run: libftd2xx/idtable.c:75: IdTable_add: Assertion `idt != ((void *)0)' failed.

TweLiteR2を認識できないようです。

Windows版によるROM書き換え
先に進めたいので、Windows10版を使います。
https://mono-wireless.com/download/stage/MWSTAGE-2020-12_win10.zip
解凍してできたMWSTAGEディレクトリの中の TWELITE_Stage.exe を実行します。

1:TWELITE R2 (R257N02A)の 1 を選択


2:アプリ書換 を選択


1: BINから選択


6: App_Uart_BLUE_L1304__V1-4-1 を選択


[ENTER]を押すとインタラクティブモードになります。
※ROM書き換えが完了すれば、TWELITE MWSTAGE を使わずに、UART接続などから、インタラクティブモードにはいって各種設定を行うこともできます。
その場合は接続超後に+++と打ち込むと、インタラクティブモードになります。

■TWELite通信設定
TWELiteの通院設定は、インタラクティブモードで行います。
Ref. インタラクティブモード

set Device ID([i]を押す)

Input Device ID (0:parent, 1-100: child) : 0 ← 親機を指定
TweLite Neural Network では、すべてのTweLite を親機に指定します。

set Channels([c]を押す)

Input Channel(s) (e.g. 11,16,21) : 13,14,15 ←3チャンネルを指定
チャンネル番号11~26の中から、最大3チャネルまで指定可能です。複数チャネルを指定すると、電波干渉の回避に役立ちます。

set UART mode([m]を押す)

Input : D ← 透過モードを選択
透過モードでは、エコーバックやプロンプト表示が無いため、ラズパイとの通信に適しています。

Option bits([o]を押す)

Input option bits: 00000100 ← 送信トリガー文字を有効にします。
設定ビットは16進文字での入力になります。トリガー文字を有効にすると、指定したトリガー文字が入力されるまで、送信が保留されます。

set Tx Trigger([k]を押す)

Input : 0A,24,0
0A : トリガー文字にLFを指定します。
24 : パケットサイズは1~80までが指定可能で、最小パケットサイズに24バイトに設定すると、入力バイト数が24バイトを超えないと、トリガー文字は有効になりません。
0 : タイムアウトを無効にします。
トリガー文字列が入力されるまで送信を保留し、トリガー文字列が来た時点でトリガー文字列も含めた形でパケット送信を試みます。
トリガー文字列を指定すると、タイムアウトは無効になります。
Ref.透過モード(D)

save Configuration
Sを選択して、設定を保存します。

終了
画面右上にマウスを移動すると[閉]表示が現れるので、そこをクリックして終了します。

これと同様に、もう1枚用意したTweLite DIP にも、ROMの書き換えを行います。

■TWELite同志での通信テスト


パソコン上でTeraTermを2つ立ち上げて、ラズパイと接続します。


この際、TeraTermの送受信時の改行コードをLFに設定します。

UARTとUSBにより、2つのTWELite DIPに接続します。

片方のTeraTermから、UARTにより、TweLite DIP に接続
$ pio device monitor -p /dev/ttyAMA0 -b 115200 --encoding Latin1 --eol LF

もう一方のTeraTermから、USBにより、TweLite DIP に接続
$ pio device monitor -p /dev/ttyUSB0 -b 115200 --encoding Latin1 --eol LF
文字エンコードを Latin-1、改行コードをLF(0x0A)に指定しています。
Latin-1は、ASCIIコードを8ビット拡張しています。


縦に2つ並んでいるTeraTermの上段が、TWE-Lite DIP にUART接続している画面、下段が、USB接続している画面です。
上段のTeraTermで文字を入力して、{Enter]を押して改行[LF]コードを送信すると、 下段のUSB接続している画面に入力内容が表示されます。
逆に下段で文字を打ち込むと、上段に表示されます。

TWELite では1回に送信できる最大バイト数は80バイトです。第2回では、80バイトを超える漢字を含む文字列の送受信を制御します。

■補足:USB-シリアル変換 FT232RL
TWELITEのROM書き換えの場合を除き、USBシリアル変換モジュールを使って、ラズパイとTWELITEを接続して利用することもできます。



◇FT232RL USBシリアル変換モジュール
定番のFT232を使用したUSBシリアル変換モジュールです。
・通信速度:300bps~460kbps
・256バイト受信バッファ、128バイト送信バッファ内蔵
・電源はホストからUSBで供給されます。
・仮想COMポートによりCOMポートとして使用できます。
・RS232CではなくTTL(CMOS)レベルでの変換を行います。
・4本のデジタルI/O ・USBミニB端子(miniB) ・基板サイズ:34x19mm
株式会社秋月電子通商


FT232 - TWELite
3v3 [19] - [28] VCC
GND [7] - [1] GND
TXD [1] - [3] RX
RXD [5] - [10] TX


■参考文献
ハードウェア技術者のスキルアップ日誌 - ラズパイでUART通信を行う
Raspberry Pi3 や Zero Wで オンボードのシリアル (UART) を使う
TWE-LITE用USBシリアル通信アダプタの自作

【深層学習関連】
20.11.21 深層学習 第1回環境整備
20.12.19 深層学習 第2回マルコフ連鎖・自動歌詞生成
21.01.02 深層学習 第3回コード進行解析

【画像処理関連】

20.05.28 画像処理 第1回トイカメラ
20.06.09 画像処理 第2回カメラモジュール制御
20.06.28 画像処理 第3回リアルタイムクロック
20.07.08 画像処理 第4回電源回路
20.10.27 画像処理 第5回自作デジカメ初号機完成
20.11.10 画像処理 第6回ドーナツデジカメ
【音楽関連】

20.01.05 第1回 abcjs 楽譜作成・演奏スクリプト
20.01.09 I2S通信によるハイレゾ音源再生
20.01.18 MIDI再生:FM音源YMF825+Arduino編
20.01.24 FM音源YMF825+micro:bit編
20.02.13 Piano Hat & Rosegarden
20.06.22 波形処理 第1回 音の波と三角関数
20.07.22 波形処理 第2回 平均律と純正律
20.08.26 波形処理 第3回 黒鍵と白鍵
21.01.02 深層学習 第3回 コード進行解析
21.01.16 波形処理 第4回 コード演奏
【WEBサイト構築関連】

19.10.15 第1回 前準備
19.10.20 第2回 Ubuntu Server インストール
19.10.27 第3回 Ubuntu Server 詳細設定
19.10.28 番外編 無線LAN接続設定
19.11.02 第4回 Apache WEBサーバ設定
19.11.05 第5回 PHP 設定
19.11.10 第6回 MySQL 設定
19.11.11 第7回 DNS (bind) 設定
19.11.16 第8回 メールサーバ(Postfix)設定・前編
19.11.21 第9回 メールサーバ(Postfix)設定・後編
19.11.24 第10回 ファイアウォール(iptables) 設定
19.11.25 第11回 crontab 設定
19.12.01 第12回 運用準備
19.12.03 第13回 Windowsパソコンに開発環境を作る
19.12.05 第14回 WEBサーバー公開
19.12.10 第15回 動的サイト制作
19.12.11 第16回 簡単なアクセスカウンターを作る
20.03.04 TTGO-Camera による定点観測・WEB公開
【開発環境関連】

19.12.19 Raspbian Stretch LITE インストール
19.12.19 ファイル共有 dokany + Win-sshfs
19.12.26 Arduino開発環境構築 PlatformIO
【SNS関連】

20.03.18 テキスト読み上げ gTTS
20.04.24 Twitter-LINE連携によるビジネス活用
20.05.19 テキスト読み上げ AquesTalk pico LSI
21.02.27 TweLite Neural Network 第1回環境設定
【周辺機器関連】

20.01.01 1280x800 HDMI MONITOR
20.01.12 micro:bitをコマンドラインで使う
20.02.04 サーマルプリンタを使う
20.03.27 M5Stackキーボードを利用する
20.06.29 液晶キャラクターディスプレイLCD1602A
20.08.03 Seeeduino XIAO
20.08.09 LGT8F328P - Arduino clone
20.09.18 電流計測モジュール INA219
21.02.09 Raspberry Pi Pico 開発環境構築
21.03.06 疑似コンソール
【その他】

19.12.13 モバイルバッテリーによる瞬間停電対策
20.02.04 電子組版 upLaTeX
20.04.10 電卓を制御して数字を表示する
20.05.06 箱庭回路 蓄電&昇圧回路
20.09.04 箱庭回路 センサーライト
20.09.29 シガーライターIC s090c
20.10.13 自動給水装置 LM393+NE555
20.12.05 FM放送受信 TEA5767
21.01.30 DVD Player LED
21.02.16 癒しの電子回路

 Interface 2021年4月号
リアルタイムOS新時代に突入! クラウド接続もスタンドアロンも! ~ ☆特集「 Amazon×マイコン FreeRTOS入門 」 ☆新連載: 逆引きMicroPythonプログラム集
ラズパイマガジン2021年春号
モーターやLED、小型ディスプレイ、スイッチなど、多様な電子パーツ450種を一挙に紹介します。 特性や価格の一覧表を用意したので、用途に合った適切な製品を選べます。
トランジスタ技術 2021年3月号
☆特集~ 周辺素子,シリアル通信,アナログ入出力, CPUの活用~「FPGAを全方位に使いこなす」
日経Linux 2021年3月号
【特集 1】まる分かり50ステップ Linux 超入門
【特集 2】あなたのワガママかなえます! WindowsのアプリをLinuxで使いたい
【特集 3】公衆Wi-Fiは危険がいっぱい!? パスワードの盗聴を実験してみた
【特集 4】キーボード一体型の新モデル Raspberry Pi 400を検証
【特集 5】ラズパイで楽しむLinuxライフ オンラインのドキュメント編集をNextcloudとCollabora Onlineで実現

15Stepで踏破 自然言語処理アプリケーション開発入門
エンジニアの実務に役立つ知識に絞り、独自に15の学習ステップを体系化しました。 数値計算にNumPy、形態素解析にMeCab、機械学習にscikit-learn、ディープラーニングに Keras等を使い、Pythonのコードを記述し動かしていきます。
プログラミング・ビットコイン ―ゼロからビットコインをプログラムする方法

Linuxサーバーがゼロから作れる本
このLinuxを使いこなす上で一番手っ取り早いのが自分でLinuxサーバーを構築してみることです。 WindowsやMacのパソコンしか使ったことが無い人でも理解できるよう、 しくみや手順の解説を丁寧にまとめ上げた、ゼロからのサーバー入門ガイドです。

Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品
【仕様概要】CPU:ARM 1.2GHz 4コア、GPU:2コア 3D・動画支援、RAM:1GB、ネットワーク:LAN/Wi-Fi/Bluetooth、インターフェース:USB/HDMI/オーディオ/GPIO(UART/I2C/I2S/SPI...)。

Arduino Nano
ATmega328搭載/ 動作電圧: 5V/ 入力電源電圧(推奨):7~12V/ デジタル入出力ピン: 14本/ PWMチャンネル: 6本/ アナログ入力チャンネル: 8本/ 直流電流(1ピン当り最大): 40 mA/ 直流電流(3.3Vピン、1ピン当り最大): 50 mA/ Flashメモリ: 32 KB (ATmega328) 内2KBはブートローダーで使用/ SRAM: 2 KB (ATmega328)/ EEPROM: 1 KB (ATmega328)/ Clock Speed: 16 MHz
逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典
機能が豊富で、速度・アナログ制御・省電力性・コストの面でもアドバンテージをもつPICマイコン。そんなPICマイコンの使い方を、目的別にやりたいことから引ける、逆引きタイプのガイドブックです。
C言語による PICプログラミング大全
2002年に初版、2009年に第2版を発売した名著『C言語によるPICプログラミング入門』 が大幅リニューアルし「大全」として生まれ変わりました。 本書では、機能豊富なPIC16F1シリーズを使いこなすために、統合開発環境を MPLAB X IDEに、CコンパイラはMicrochip Technology社純正のXC8に、それぞれ変更しました。 C言語でPICマイコンのプログラミングを始めたい方から、最新のPICマイコンの機能をとことん使い倒したい方まで、必ず役に立つ1冊です。
PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック
「PICマイコン+Raspberry Pi3B」という組み合わせで、高機能な電子工作を簡単に実現し、電子工作を各段に高度化する方法について解説していきます。
ESP32&Arduino 電子工作 プログラミング入門
電子工作ファンに人気のマイコンArduino、そしてWiFiとBluetooth内蔵でネットワーク接続しやすいESP32。それらのマイコンでプログラムを組む際に使うのが「Arduino言語」です。
超特急Web接続!ESPマイコン・プログラム全集
IoT技術の回路とプログラムを解説しました. トランジスタ技術2016年9月号と2017年3月号の特集に 最新の情報を加筆して一冊に仕上げました. 回路とプログラムのサンプル資料として最適です. ラズベリー・パイやIchigoJamを連動させた例も紹介しています
M5Stack用カード型キーボードユニット
M5Stackにフル機能のQWERTY配列キーボードを実装できるユニットです。複数のボタンの組み合わせ(Sym + Key、Shift + Key、Fn + Key)や豊富なキーの値を出力することが可能です。
Ubuntu サーバー徹底構築
サーバー用UbuntuでLinuxサーバーを構築しよう! 導入からLinuxやコマンドの基本、各種サーバー構築、バックアップやストレージ管理まで! サーバー用Linuxディストリビューションとして定評のあるUbuntu Serverの中でも、 10年長期サポート版であるUbuntu Server 18.04 LTSに対応!
[改訂第3版]Linuxコマンドポケットリファレンス
本書はLinux操作に必要なコマンドを収録したポケットリファレンスです。機能別にコマンドを分類し、各コマンドページでは書式/使用例などをコンパクトにまとめています。またアルファベット順索引も用意しており、名前しかわからなくてもすぐに目的のコマンドを探すことができます。今回の改訂では仮想化、データベース、クラウド時代に対応したネットワークコマンドなどを追加しています。おもなLinuxディストリビューションのCentOS、Fedora、Debian GNU/Linux、Ubuntuに対応し、初心者から上級者まで必携の1冊です。
できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応
番のApache独学書を改訂しました! CentOS、Ubuntu、Windows、Mac OS Xに対応しています。できるPROシリーズは、実際の画面や詳細なイラスト、概念図などで構成。 はじめての方でも理解しやすくなっています。 インストール、アクセス制限、CGI、モジュール拡張、ログ管理など、基本的なことから実践的なことまでていねいに解説しています。
[改訂第3版]PHPポケットリファレンス
PHPを利用したいすべての方必携の「PHPポケットリファレンス」最新版がついに登場! PHP 5/4による開発の際によく利用される機能を集約し、必要な知識を目的別、逆引きでまとめました。PHP5.3以降を対象とし、PHP4からある機能はPHP4でも利用できることがわかるようになっています。またオブジェクト指向型のAPI解説を大幅に強化。開発の現場には1冊置いておきたい書籍です。
MySQL ポケットリファレンス
MySQLはさまざまなWebサービスの中核を担うデータベースです。本書はMySQLの基礎的な内容を中心に、日常的によく使うちょっとしたコマンドや、外部管理ツールとの連携など、MySQLの管理/運用にあたって便利な情報を素早く探し出すことができます。MySQL自体の操作、MySQL特有のコマンド、MySQL専用管理ツール、PHPからの操作など、MySQLを実際に使っているユーザーに役立つ内容となっています。
Postfix詳解―MTAの理解とメールサーバの構築・運用
電子メールの配送システムの中核を担うプログラム「MTA」(Message Transfer Agent)のひとつが、「Postfix」です。 この全容を記した本です。 すところなく解説していきます。
DNSがよくわかる教科書
本書では、DNSの仕組みから、ドメイン名のルール、主なリソースレコードの内容、コマンドによる動作確認、DNSの運用ノウハウ、DNSSECの基礎知識まで、順を追ってやさしく解説します。

Copyright © 2011-2022 Sarako Tsukiyono All rights reserved®.